無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

2,209
2020/03/10

第5話

対戦
※まだ投票を待とうと思うので、お話を進めていきます!(ノ≧ڡ≦)☆


※凄い間が空いてしまいましたが投稿頻度は上げて行くつもりです!

あ、後名前の部分、好きな名前に出来るように変えました!
















りこ)皆、聞いて!海常高校との練習試合が決定したわ!


日向)は…?まじ!?海常ってキセキの世代がいる所じゃねえか!


火神)本当すかっ!?…こんなに早くキセキの世代と戦えるのか…

黒子)火神くん、テンション上がってますね。

火神)お前は落ち着いてんなー。前の仲間と会うんだろ?

黒子)そうですね。黄瀬くんと会うのは楽しみです

火神)ふ〜ん。


あなた)もうキセキの世代と戦えるなんて、りこちゃん凄いね!


りこ)いや、私がどうこうしたって訳でもないのよね〜。何かあっちが急にOK出したらしくて

あなた)ふふっ…、そうなんですか。でもこれはいい経験になりますね。

りこ)えぇ!絶対にこの試合は無駄じゃないと思うわ!


小金井)なぁー。黄瀬涼太ってどんな奴なんだ?


伊月)あ、それ俺も気になってたんだよ、どんな奴なんだ?黒子

黒子)黄瀬くんですか…簡単に言えば、何でも出来る人ですね、

日向)んー?それってどのポジションもってことか?

黒子)それとはちょっと違いますね。黄瀬くんは



キャー ーーー!


日向)なんだ?!


りこ)あそこにいるのって…黄瀬涼太!?



黄瀬涼太)皆、ちょっと待ってねー。あ、すいません〜。誠凛の皆さん今行きますんで




ー5分後ー


黒子)黄瀬くん。お久しぶりです

黄瀬)黒子っちー!久しぶりっすねー。全中の試合以来っすか?

黒子)そうですね、黄瀬くん。どうしてここにいるんですか?

黄瀬)んー、誠凛との練習試合が決まったって聞いてさきに来ちゃいました!

あなた)…(あれがキセキの世代…。普通にカッコイイ人だわ、モデルさんかしら


黄瀬)?………え!誰っすか!この美少女は!こんな人誠凛にいたんですか?!


あなた)(褒められた…?のかしら

りこ)この子は新入生よ!あんまちょっかい出さないで!

日向)そうだぞ!モデルやってるからっていい気になるなよー!

あなた)あ、やっぱりモデルさんだったんですね。

黄瀬)はい!俺、一様モデルやってるんっすよ!良ければお茶でもどうっスか?

小金井)あなたちゃんをたぶらかすなー!

伊月)あなたちゃんに悪い虫が…!

黄瀬)皆して、何なんっスか!


日向)お前が急に誘ったりするからだろ!


黄瀬)それぐらい、いいじゃないっスかー。
あ、じゃあ、俺と勝負しましょうよ。














ー誠凛で一番強い奴と俺が戦って勝ったらあなたちゃんとお茶するの許してくださいね?ー