無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

384
2021/09/18

第24話

Revive
長「中坊連合のマイキーちゃーん♡」

♡の乱用ダメ絶対。
ゾロゾロ
佐野万次郎
佐野万次郎
中坊相手にこの人数で奇襲。
佐野万次郎
佐野万次郎
イメージ通りのクソヤローだね。長内クン
長「あ!?聞こえねぇよチビすぎて」

ハハハハハ

何がそんな面白いんだか

呆れが顔に出てたのか
長「オイ」

うっわ声かけられた最悪。

長「てめぇ何さっきからジロジロ見てンだよ?」
男バージョン
男バージョン
てめぇの顔を。
長「顔いいからって調子乗ってンじゃねぇぞ!」

と長内の右腕が私を殴ろうとする。だから軽く後ろに下がって避けた。(これがかっこいい避けかた←)
男バージョン
男バージョン
え?調子こいてんのは
長「……ウガッッ!!グェッ!」

鳩尾を殴ってやったら、胃液を巻き散らかしてフラつきやがった。弱。
男バージョン
男バージョン
てめぇだろ?つか汚ー。こんな汚ぇモン巻き散らかして恥ずかしくないの?
アハッと多分今の私は冷笑を浮かべていると思う。そこに割って入ってきたのは、
林良平(ぺーやん)
林良平(ぺーやん)
やめろ。
以外にもぺーやんだった。
林良平(ぺーやん)
林良平(ぺーやん)
長内の相手はパーちんだよコノヤロー。
あーそっか。
男バージョン
男バージョン
すいません勝手なことしちゃって。
佐野万次郎
佐野万次郎
いやいい。あなたの渾名はここで見てろ。
と自分の隣をパンパンと叩いた。
林良平(ぺーやん)
林良平(ぺーやん)
パーちん舐めんなよあなたのみょうじ。パーちんは東卍でもバリバリの武闘派。一人で突っ込んでチーム一個潰しちまうような奴だ。
林良平(ぺーやん)
林良平(ぺーやん)
長内なんかにぜってぇ負けねぇ
男バージョン
男バージョン
まぁ、どんな人でも、俺は見てるだけしかできないんで。
佐野万次郎
佐野万次郎
あぁこれはパーちんの喧嘩だ。





一方的な長内の暴力。でも私のさっきの攻撃が効いているのか動きは大分鈍いが。
林田春樹
林田春樹
うらぁ!!
しかし長内が間合いに入りパーちんの顔面を左右両方殴る。
林田春樹
林田春樹
つっ
長「ハァ…グェッ……ハハ、どーした」

まだ気持ち悪いのかなぁ。
林田春樹
林田春樹
てめっ…ボクシング齧ってやがるな…
口の血をプッと吐き出す。

ドッ!!












うわ痛い。
林良平(ぺーやん)
林良平(ぺーやん)
ヤベェ!!モロにくらった!
パーちんは長内に顔面を強く殴られ、カクンッと崩れ落ちた。と、そう思った。
ボタボタボタ

血が零れ落ちる。
林田春樹
林田春樹
こんなパンチじゃアリも殺せねーぞ
男バージョン
男バージョン
(…意識飛んでんな。)
神さま
神さま
(立ってるだけで凄いよね。)
林良平(ぺーやん)
林良平(ぺーやん)
そんな…一撃で…!?バケモンかよ長内…!!
林良平(ぺーやん)
林良平(ぺーやん)
パーちん!!
とぺーやんが駆け出そうとすると、
佐野万次郎
佐野万次郎
ペー!!
マイキーが引き留める。
佐野万次郎
佐野万次郎
黙って見とけっつったよな?
林良平(ぺーやん)
林良平(ぺーやん)
……ゴメン…マイキー
男バージョン
男バージョン
ぺーやん君。
林良平(ぺーやん)
林良平(ぺーやん)
…なんだ?
男バージョン
男バージョン
パーちん君、まだ諦めてないよ。
佐野万次郎
佐野万次郎
お前は止めさせてーんだろーけど、
佐野万次郎
佐野万次郎
あいつ、まだあきらめてねぇじゃん。








長「オイ!コイツ立ったまま気絶してんぞ!」

それに答えるのは笑い声、茶化す声。

パーちんは倒れそうになった。
でもそれを、マイキーが受け止めた。
林田春樹
林田春樹
ゴメン…マイキー。俺…ふがいねぇなぁ
男バージョン
男バージョン
何言ってんですか貴方は。
佐野万次郎
佐野万次郎
そーだよパーちん!お前、負けてねぇよ。
「はああ!?」

「何言っちゃってんだお前ら。」

「どこをどう見たら負けてねぇんだよ。」
男バージョン
男バージョン
……ギャーギャーワーワーるっせぇなぁ!!!
ブンッと振り上げた足を下げる途中異能力を使った。
男バージョン
男バージョン
(_異能力、雨ニモマケズ)
文豪ストレイドッグス、宮沢賢治の異能力。空腹の時に使用すると怪力になれる。
バゴオオオオオオンッッッッ!!!

足と地面が衝突。地面には半径3メートル程のクレーターができていた。
神さま
神さま
(えちょっとこんなことして大丈夫??)
男バージョン
男バージョン
(………あ←)
回りを見渡すと皆めっちゃ驚いた顔をしていた。
男バージョン
男バージョン
(あとで記憶消しとこ。)
佐野万次郎
佐野万次郎
アッハハハハハハ!!!
突然マイキーが笑いだしたと思ったら、長内のところへ足を進めた。えどうした?
長「……ッ!!あ、あんだよマイキー!!!」

「十秒で殺してや」
最後まで言い切る前に長内はマイキーの回し蹴りをくらいに、陥没。
佐野万次郎
佐野万次郎
パーちんが負けたと思ったやつ、全員出てこい。
佐野万次郎
佐野万次郎
オレが殺す。
佐野万次郎
佐野万次郎
東卍はオレのモンだ。オレの後ろにいる限り
____誰も負けねぇんだよ



その場にいた全員が息を呑む音が聞こえる。
佐野万次郎
佐野万次郎
ゴメンケンチン。やっちゃった。
ドラケンは溜め息を一つついたあと、
龍宮寺堅
龍宮寺堅
しょうがねぇなぁ、マイキーは
と薄く笑った。





バリンッ


ガラスの割れる音がした。
長「ああああ”ああ”」

半狂乱になってガラス瓶をわった長内がいた。

刺す気だ。


ドラケンはマイキーを庇った。
大丈夫だけどなんかヒヤヒヤすんの嫌だなぁ!!
長「うおらぁ!!」
男バージョン
男バージョン
長内!
ガッ!!