無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

372
2021/10/01

第28話

Restart
いきなりだが私はもう死んでもいいと思う。
神さま
神さま
(まー浴衣姿のヒナもエマも可愛いよね。)
橘日向
橘日向
あなた君凄い似合ってるよ!
なんか私はマイキーとドラケンに押しに押されて浴衣を着せられた。
↑着物姿
↑和傘
橘日向
橘日向
ね、エマちゃん達行っちゃったよ!
(なまえ)
あなた
うん。行こうか。
着物姿見られなくて良かったぁ…
橘日向
橘日向
エマちゃん凄いいい子なの!
(なまえ)
あなた
エマちゃんといつの間に仲良くなったの?
橘日向
橘日向
うん!課題とか色んな相談乗ってるうちに
えまさかエマちゃんドラケン君に恋してないぱてぃーん?(ドラエマ推しの方すみません)えドラケンの片思い?(ドラケン一応あなたに恋してます。)
橘日向
橘日向
エマちゃん凄いかわいいからよくナンパとか受けるみたい。
(なまえ)
あなた
あぁ
私は最初にエマちゃんに会ったときの事を思い出した。
(なまえ)
あなた
ヒナも気を付けなきゃダメだよ!可愛いから!
橘日向
橘日向
え!?あっうん///
てか凄い屋台充実してるなー(←田舎出身の方。)
橘日向
橘日向
あれやろうよ!
とヒナが指差したのは、
(なまえ)
あなた
射的……?
え初めて見たガチリアルで。
橘日向
橘日向
特賞当ててみてよ!
(なまえ)
あなた
……フフッいーよ!すいませーんいくらですかー?
「あいよー三発500円!!ポッキリ」
お意外と安い。
(なまえ)
あなた
ヒナ見といてね!
橘日向
橘日向
うん!!
《調律者》の中でも戦闘能力なら郡を抜く《執行人》の実力をとくと見よ!!













「ギャァァァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!!!!!!!!!」
見事三発特賞は勿論の事、他の値の張っていそうな景品は全てあなたが掻っ攫っていき、祭りの夜に某50代の男性の叫び声が聞こえたのは語る迄もない。
橘日向
橘日向
あっあなた君ちょっと待ってて!!
(なまえ)
あなた
ん?どうしたの?
橘日向
橘日向
お母さんに何時に帰るか連絡するからちょっと待ってて!!
(なまえ)
あなた
うんわかった。気をつけてね!
??
おっチャーンもういっぽーん。
??
やめろ。俺らは遊びに来た訳じゃない。
ヒナを待って二分弱したくらいだろうか。やけに低い声と、対称的に高い声が聞こえた。

なんか聞いたことがある。詳しく言うならば今私のいる世界のアニメで。
ほとんど首は動かさずに目で周りを見渡してみると、いた。
(なまえ)
あなた
半間修二と、稀咲………鉄太。
なにやってんだあいつらは。なんで金魚掬いに半間は熱中している。おじさん顔真っ青にしてポイを片付けてるぞ。
神さま
神さま
(…逃げよう。)
(なまえ)
あなた
(うんそうしよう。)
そうして回れ左をしようとした瞬間、





半間修二
半間修二
かぁいーこはっけーん♡
な に ゆ え ?
半間修二
半間修二
ねぇ君可愛いね。
スゥゥゥゥ(息を吸う音。)
(なまえ)
あなた
そうですか!ありがとうございますさようならぁ!
稀咲鉄太
稀咲鉄太
!お前は……
あバレた系?
(なまえ)
あなた
て訳でその手どかしてください。
半間修二
半間修二
無理♡
稀咲鉄太
稀咲鉄太
やめろ半間そいつは……いや、お前ここでうろうろしてると図体でけぇデクノボーが道を塞いでると思われるぞ。
(なまえ)
あなた
いいね君、目の付け所が眼鏡の下。
稀咲鉄太
稀咲鉄太
それただの眼球の位置情報だろ。
(なまえ)
あなた
私日本で三番目に物体位置情報伝えるの上手いから☆
稀咲鉄太
稀咲鉄太
くだんねぇことしてんな誰だよ一、二番。
(なまえ)
あなた
一番五○悟と二番七○健人。
稀咲鉄太
稀咲鉄太
誰だよお前呼吸よりも嘘の回数の方が多いな。
ここ呪術廻戦ないの。
(なまえ)
あなた
二酸化炭素減少になるだろ?
稀咲鉄太
稀咲鉄太
俺のため息でチャラだよ……はぁ全く、行くぞ半間。
半間修二
半間修二
えぇーじゃ、君名前は?
(なまえ)
あなた
さようなら。
そして私は東方projectの十六夜咲夜の時止めの能力を使って一瞬でそこから消えた。
半間修二
半間修二
……バハッ♡おもしれー
稀咲鉄太
稀咲鉄太
………
(なまえ)
あなた
ヒナ。
橘日向
橘日向
あなた君!?待っててって
(なまえ)
あなた
心配だから見に来たって……
滴る水がそれはだれがどう見たって、
橘日向
橘日向
雨だ。
私とヒナは近くの木の下に雨宿りした。
私は無意識にヒナを抱きしめ、まるで雨から守るような格好になっていた。
(なまえ)
あなた
ごめん。大丈夫?
橘日向
橘日向
うん。//雨、止まないね。///
(なまえ)
あなた
そうだね。
橘日向
橘日向
あのっ、おのね、さっきの射的のあなた君……
橘日向
橘日向
かっこよかった!//
(なまえ)
あなた
……!!ありがとぅ。
そういって、ヒナの頭を撫でようとしたそのとき、
橘日向
橘日向
あなた君携帯鳴ってる。
山岸後で〆よ。そうしよ。
(なまえ)
あなた
ちょっとごめんねー





山岸
山岸
あ、あなた雨すごくな>
(なまえ)
あなた
<ぶっ殺されてぇかてめぇ
山岸
山岸
いきなり怖……>
(なまえ)
あなた
<用件を簡潔に言え。忙しい。
山岸
山岸
ドラケン君に気をつけてって伝えて!>
(なまえ)
あなた
<あの喧嘩、やっぱり下は納得しないか。
山岸
山岸
あぁヒートアップしてるらしい。第二次抗争な!!>
(なまえ)
あなた
<じゃ切るぞ
山岸
山岸
はやー>
ブチッ
橘日向
橘日向
どうしたの?
(なまえ)
あなた
なんでもないよ。
さてどう行動すべきか……
神さま
神さま
(女ってばれてる以上、花垣みたいに動くのは危険だね。)
(なまえ)
あなた
……ねぇヒナ。ごめん。用事が出来た。
橘日向
橘日向
……!!
(なまえ)
あなた
私はそこに行かなきゃいけない。でも、
橘日向
橘日向
どうしたの?
(なまえ)
あなた
どうしたらいいか、全然わかんないの。