無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

344
2019/08/31

第9話

八。
モモ「…おい、マシロ……いいのかよ?この二人を連れてきて。」
問題ないです。とマシロが言う。
レン「お前の"問題ないです"は信用出来ねぇ。」

マシロ「あぁそうかよ。勝手にそう思っとけ(怒)」
この二人は相変わらずだ。
モモ「…あっちは、カイトがいるから大丈夫だと思うけど……」
心配そうにモモがそらるとまふまふを見つめる。
モモ「もし、"死者"が出たら3人で守りきれると思うか?」

レン「大丈夫なんじゃない?死者の人数が"少なければ"だけど。」

マシロ「…そうですね、ここは"人数"の問題でしょうか……。」
考えてもここまで来てしまったのだから、引き下がるのは当然"無理"だ。

守るしかない、そう3人は考えた。
そ「…その"死者"って、突然出るもんなのか?」

マシロ「あぁ。特に"暗い所"にだ。」

モモ「夕方には終わるようにはしたいんだがな……。」
普段は暗くなる寸前まで時間がかかってしまう。

本当は死者を殺さないといけないが、今回はそらる達を元の世界へと帰すために色んな所を捜索する。
ま「足を引っ張らないように…頑張るよ。」

レン「おう、別にお前らは何もしなくてもいいんだけどな。」
まずはそらる達が"最初"にいた場所だ。
初めて、マシロがそらるとまふまふに出会った場所_______。