無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第115話

濵田 心臓病→他メン
メンバー間の呼び方とか一人称とか曖昧というのか分かりませんので、間違っている可能性が大きいですが、ご了承ください🙇‍♀️









濱田side



「んっ、うっはぁっ、」



ここ最近感じている胸の痛みや背中の痛み
最初のうちは筋肉痛とか年齢が関係しているのかとか思ってたけど、どうもそんなような痛みじゃない気がする



重岡「濱ちゃん、顔死んどるで」



「ん?あぁごめん」



重岡「いや、謝らんくてもいいねんけど、」
「なんかあった?体調悪いん?」



「いや、なんも」



いっつもヤンチャで5歳児みたいなシゲ
こいつが意外と勘が良くて
メンバーの異変にもすぐ気づく



重岡「隠してるんやないの?」



「なんも隠してへんよ笑」



重岡「ほんまぁ? 」
「じゃあ撮影行ってくる」



あぁそっか、撮影中か
痛みの方に気を取られすぎててそんなこととっくの前に忘れてた



「うぅ、はぁっ、ってぇ、」



声出すのを我慢してもこんくらいは出ちゃう



神山「どしたん、さっきから唸っとるけど」



「なんもっ、」



神山「嘘やろ笑」
「バレバレやで?」



「大丈夫っ、」