無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第78話

中島side



医者「急性心筋梗塞だね」



そんなことを言われてる今
ただただぼーっと前を見てる



まり「え!なんで!?」



そんな大きい声で我に帰る



あー俺、撮影中、胸の痛みと同時に上腹部の痛みも増して、座り込んで即病院行きになったんだ
なんて、記憶が蘇る



そして、そっから痛みが強すぎて覚えてないけど、何故か診察室でメンバー勢揃い



医者「上腹部の痛みと胸の痛みあったでしょ」
  「それ、症状ね」



「コクッ」



医者「でも、大丈夫」
  「発見早かったから」



佐藤「あーよかったぁ」



医者「手術とかは必要になってくるけど
   難しい手術じゃないから」



「それって直ぐ治るんですか」



医者「これから治療受けてく中での進行状況
   にもよるけど、長くはないから大丈夫」



「よかった」



菊池「じゃあ、直ぐに復帰できるってことですか」



医者「うん、できるよ」
  「ただ、すぐに変わっちゃう病気でもあるから
   その時にならないと分からないけどね」



松島「絶対助かるんですか?」



医者「うん、大丈夫」
  「さっきも話したようにそこまで進行
   してないから」
  「じゃあ、これからの治療とかについて
   お話ししてくね」