無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

目黒 胃腸炎→他メン
目黒side



「ん、朝かぁ」



カーテンから漏れ出る光



一日が始まる合図
第二の目覚まし時計みたいなもんで



いつも通りの時間、いつも通りのやり方で準備を始める
ルーティーンっていわれるやつ



「んぁ朝飯どーしよっかな」



毎回迷う朝ごはん
ご飯にするかパンにするか、それとも食べないか



「腹減った」
「どっちも食べよっかな」



結局はお腹が空いて食べないという選択肢は浮かばなくて、最終的には両方食べるという少々強引なやり方



けど今日くらいはね、
お腹減ってるし、雑誌楽しみすぎるし?←



まぁこの決断が間違っていると気付かされるのはもっと先の話だけど











〜作者〜



前のアカウントの方でしてもらったリクエストがまだ結構ありまして



こっちのアカウントのリクエスト一通り書き終わったら、あっちのやつも書いていこうかなと思っていますので、お待ちください!