無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第49話

えんど
中島side



リバビリの期間も終わりに近づいてきて、今日はやっと表舞台に立てる日



ライブはまだ出来ないし、ダンスをするってこともない



普通のバラエティー番組で座って話をするだけ



座ってるのは全然余裕だけど、立ち上がる時と座る時は少し時間が必要



でも、今回はメンバーと一緒に出演するからそんな心配はしなくていいんだけどね



佐藤「健人くん、松葉杖にする?車椅子にする?」



そう、今の俺の移動手段はその二つのうちのどちらか



近場だったら、自力で歩くんだけどね



「松葉杖にする!」



佐藤「はい、りょーかい!」



階段もなんもないし、障害物もないから練習のためにも松葉杖で



松島「ぜんっりょくでサポートするから!」



「ん、ありがと笑」



マリ「僕にも頼ってよ!?」



「はい、ありがとう」



菊池「無理したら、焼肉奢りで」



「やだよ、それ」



菊池「じゃあしなければいいだろ」



俺の気持ちを見透かすように、言ってくる菊池



俺の不安な気持ちを、笑いに変えてくれるのはいつもコイツ



「ありがとね」



聞こえてないかもだけど、俺が思ってる言葉



面と向かってなかなか言えないけど、ほんとにいつも感謝してるから



そして、見事に復帰後初のバラエティー番組は、共演者の皆も気を遣ってくださって、難なく撮影は終了



そして、改めて人の優しさに気づいた出来事だった



















リクエスト受付中です!