無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第89話

佐久間side



皆が続々とダウンしていく中、残っている俺



なんだけどさ、俺、実はめっちゃ調子悪い
お腹痛い、、、



サスサス



皆が見てないうちに少し摩ってるけど、ダメ



冷や汗半端なくてヤバい



「っふぅ、、、」



宮舘「どうした?」



「あ、ううん、なんも」



言った方がいいのかな、
でも、言ったところで迷惑っていうか負担増えるから



でも、限界はすぐそこで、
やばい



「おr…」



向井「腹痛くなってきた」



宮舘「俺もちょっと」



うわ、まじか



森本「取り敢えず、毛布追加してくる」



髙地「俺も行く」



益々言えない状況になっちゃった
どうしよ、



岩本「ただいま」



阿部「ただいま」



田中「あーおかえり、大丈夫?」



阿部「無理、痛すぎ」



想像以上の顔色の悪さに尚更心配
まず自分の心配しろよって感じなんだけどさ



こんなお腹痛くなるの久しぶりだし、早く治ってほしいけど逆に悪化する一方



てか、吐き気出てきたし



ヤバいかも、吐いちゃいそう



唾が出てきて、なんか本格的に吐きそ



やばい、出ちゃう



俺は最終手段として口を力いっぱい抑えた