無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第99話

えんど
岩本side



「ったくお前らなぁ」



佐久間「急に倒れるからびっくりしたじゃん」



宮舘「そんなんで良くできたね」



向井「ほんまやな」



ソファに寝かせて数分後、気持ちよく眠れている様子の3人の周りに集まって話しかける



阿部「ちょっと汗かいてるね」



らう「はい、これタオル」



阿部「ありがと、」



「にしても、3人って」



向井「改めて考えたら凄いことやな」



佐久間「しかも3人いて誰も気づかない」



宮舘「隠すのが上手だったのかな」



目黒「んっ」



らう「あ、めめ!」



目黒「らう、」



向井「心配したんやで」



目黒「ん、ごめん」



「これからは、先にな?」



目黒「コクッ」



深澤「ひかる、」



「あ、起きた?」



深澤「俺、、、」



阿部「倒れたの」



深澤「ごめ、」



佐久間「先に言ってよ?」



「ったく、」



宮舘「翔太、起きなさそうだね」



「疲れ溜まってるだろうし、自分で起きるまで
 寝かせとこ」



深澤「あれ、しょーたと目黒大丈夫なの」



「お前はまず自分の体な」



阿部「てか、気づいてたの」



深澤「なんとなくだけど」



阿部「すごいね、ふっか」



指差したときもかも凄いって思ったけど
自分がこの状況でも、人のこと心配して
こいつやっぱ、すげーやつだわ









リクエスト受付中です!!