無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第69話

山下side



亀梨「ちょっと待ってくださいよ、」
  「もう一回検査したください」



滝沢「この結果絶対におかしいです」



医者「何度やっても同じ結果です」 
  「申し訳ございません」



こうなった原因といえば、俺の検査結果



心臓病、、、だったんだよね



俺の場合、まだまだ軽い方で暫く入院すればいいって



でも、再発する可能性もあるし、入院中に急変して死に至るってケースもあるくらいらしい



だから必死になって2人は再検査を求める
と、それを見つめる俺



俺自身、素直に受け止められたんだ
なんでかわかんないけどさ



まぁ最初から薄々気付いてたからっていうのもあるかもだけど



「俺が直せばいいってことでしょ」
「そんなんすぐに治して復帰する」



亀梨「え、でもさ最悪の場合、、、」



「そんなの、なった時はなった時」
「人生なんてそんなもんでしょ」



これからお世話になる部屋へと向かう途中、少しかっこいいことを言ってみる



滝沢「でも、お前なら大丈夫か笑」



「そうっすよ、滝沢くん」
「亀梨も」



そういえば、渋々頷いて無理はするなよと一言



「じゃあここ病室みたいなんで、ここで」



滝沢「あ、あぁじゃあ明日も来るから」



2人との挨拶を終わらせて病室に入る
無機質な部屋
すっごい静か



正直、俺も不安だらけだよ
でもさ、乗り越えないといけない壁だってあるんだ