無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第88話

SnowMan 食中毒→SixTONES
渡辺side



10分くらい前かな
お腹に違和感を感じ始めて今に至る



なんだろ、若干気持ち悪いかも



はらいた



田中「え、腹痛いの」



今日はSixTONESとの雑誌撮影で同じ楽屋
結構小声で言ったつもりなんだけど隣にいた樹にまんまと気付かれた



「ちょっとね」



田中「え、大丈夫?トイレ行く?」



「いや、まだ大丈夫」



田中「そ、」



ジェシー「HAHA!」



岩本「うっせぇ笑」



久しぶりに両グループ集まったからテンションも最高潮
俺もそのつもりだったんだけど、腹痛いわ
うん、お腹痛すぎ



「んん、ったぁ」



森本「どしたの、しょっぴー」



京本「めっちゃ汗かいてんじゃん」



田中「腹痛いんだって」



宮舘「大丈夫?薬飲む?」



「だいじょぶ」



阿部「お腹あっためる?」



「コクッ」



前屈み状態の俺に樹が背中を摩ってくれて
髙地が毛布とかを持ってきてくれた
めちゃめちゃ病人じゃん



佐久間「なんか当たったのかな」



松村「しょっぴーお昼何食べた」



向井「お昼は皆同じやったよな?」



深澤「あー、店で飯食ったから」



松村「じゃあなんだろ、」



それ、俺も聞きたいんだわ、