無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第34話

菊池、中島(健) 大怪我→他メン
中島side



全員での音楽番組出演
コロナの関係もあり、1つの場所に大勢は集まれないから皆が分散して出演する
それに、何組かの人は生放送ではなく、収録
俺たちもそれに含まれていて、今から収録
そして、新しいのはイヤモニなしの歌唱



始まるまで、5分ほど
生放送ではないからって、緊張しないわけではなく、生放送の気分でやってかないとさ
失敗したら終わりって自分に脅しをかける
なんせ、イヤモニなしだからカラオケでになってくる



SexyZoneの底力みたいなものを見せつけていきたいし、音楽番組に出ることで、他のアーティストさんのファンの方からも注目されるチャンスだから大事にしないとね



スタッフ「位置ついてくださーい」




声がかかり、場ミリの確認や声の確認などなど各々が必要なことをしていく



俺もストレッチや発声練習などなど、やれることは全部やってく



スタッフ「音、流しまーす」



その言葉で皆の表情がパッと変わる
今日は、クリスマスソングやら自分たちのデビュー曲やらと多くのジャンルをやってく



実は、クリスマスソングの方は撮り終えていて、今からデビュー曲



そんなん、より一層気持ちも引き締まるよね笑



〜〜♪



Aメロが流れ始め、いよいよスタートした



曲も中盤、ここまで調子良く順調



ガタッ



天井ら辺から変な音が聞こえてくる回数5回程
何が原因かは分からないけど、ギシッって感じとカダッって感じ



俺の歌唱パートに入り、そのことなんか頭から消えていた時



スタッフ「危ない!」



ガッシャーン



体に強い衝撃があった