無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第99話

岩本side



「休憩ー」



その呼びかけで一気に床に寝転がるメンバー
その中で明らかに様子がおかしい人が1人



「ふっか」



深澤「ん、あっ、ひっ、、かる」



「息だいぶ上がってるじゃん大丈夫か」



深澤「だいじょぶだいじょぶ」



「休憩少し長くするから息落ち着かせとけ」



深澤「ん、ありっがと」
  「あ、照っ」



「ん?」



深澤「あれ、」



あれ、と言って指さした先には目黒と翔太
で、?



深澤「たいちょーわるそ」



え、何、そゆこと?



「まじ?」



深澤「コクッ」



「教えてくれてありがと」
「声かけてくるから休んどけ」



深澤「コクッ」



「目黒、しょーた」



渡辺「ん、なに」



明らかに不機嫌な翔太と



目黒「はぁっはぁっ」



明らかに呼吸がおかしい目黒



「お前ら無理すんなよ」



渡辺「は、何が」



「しょーた怖いから」



渡辺「怖くねぇし」



「もーちょっとさぁ、o…」



目黒「(ぼふっ」



「ちょっ目黒?」



俺の胸に倒れ込んできた目黒
こいつ、すっげぇ熱い



渡辺「んっはぁっくるしっ」



「ちょっと翔太」



倒れ込む目黒を見てなのか過呼吸気味になり、床へへにゃりと力なく蹲った翔太



それに、



阿部「ふっか!!」



"どんっ"



と言う音とともに阿部がふっか!!と言う声が



どーすんだ、これ