無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第61話

目黒side



あれから、皆が付きっきりでいてくれたから、少し体調も回復



深澤「撮影行こっか〜」



そろそろ撮影だから移動することに



「ふらっ」



らう「もーめめ!勝手に立っちゃダメ!」



急に立ったせいか目眩で座り込む



佐久間「大丈夫ー?」



「ったまいたい!」



宮舘「ありゃりゃぶり返したかな」



なんか、さっきと同じような痛みがまた襲ってくる
でも撮影中止にするわけにはいかないから



「っし、大丈夫」



阿部「ほんとにぃ?」



岩本「まだ顔色とかいいうちにやっちゃお」



そして、岩本くんの掛け声で皆がゾロゾロと席につく



俺の隣は、翔太くんとふっかさん
頼りやすい2人だよね



渡辺「なんかあったら言ってね」



深澤「少しなことでも言うんだよ?」



「うん、」



スタッフ「じゃあカメラ回しまーす」



岩本「どーもー!」



すの「SnowManでーす!」



いつも通りの挨拶
いつも通りのテンションで挨拶するけど、息切れがすごい
これも貧血の症状だってだてさんが言ってた



そして、10分、15分と時は進んでいるけど、体内時計は、もう30分くらいたったと思う



ゆっくりと時が進んでるように見える
こんなんで撮影大丈夫かな、、、