無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第50話

目黒 熱→他メン
目黒side



「だるっ」



朝起きて第一声がこれ



体を起こしたら一気に体が重くなってベットに逆戻り



「あたまいたいぃ」
「さむい、」



だるさに気づけば、一気に出てくる体の不調
やばいかも、



今日はダンス練習があるから、休んでらんないし、かといって手を抜いていいわけでもない
俺には全力でやるっていう一択しかないわけで



「いかないとっ」



なんとか思い体を起こして身支度をする
けど、息切れすごいし汗もすごいしで、いつもより倍の時間をかけて身支度は完了



「ご飯はいいや」



食欲ないしね
喉に絶対通らないもん



「あーもう行かないと」



時計を見ればマネの車が来るまであと5分くらい
いつもより時間がかかった分、ゆっくりする時間もなく家を出る



余裕持って出とかないと、道中、時間かかっちゃうかもだからね



「はよっ」



予想通りまたいつもの時間の倍以上をかけて車に到着



ドアを開ければメンバー皆乗っていた



ラウ「めめおはよー」ギュー



「うん、おはよ」



いつもやられるこの朝の件
いつもは可愛いななんて頭を撫でてやるけど、そんなんやる気力もなく



椅子にどかっと座り目を瞑る



らうには心配されたけど、ここに来るまでですっごい疲れたんだわ
少しばかり寝かせて欲しいなんて思いで俺は眠りについた