無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

ラウールside



まだまだ痛む僕の頭



「んーいったい!」



渡辺「ん、いてーな」



佐久間「早く良くなりますよーに」



お兄ちゃんたちが時々声をかけてくれて、僕の頭を優しく撫でてくれるのが僕にとっての一番の薬



それでも、頭が痛むのは変わらなくて



「もぉやだ!泣」



自分でもびっくりするほど弱ってる僕



男の子らしくないけど、今日だけは許して
僕のプライド



深澤「泣かない泣かない」



岩本「もっと痛くなっちゃうぞー?」



向井「痛いの痛いの、阿部ちゃんのとこに飛んでけー」



阿部「あえ、俺!?」
  「あー!お腹痛いよぉ」



目黒「あ、そっちっすか」



深澤「いや、どっち」



宮舘「ラウール、しんどいね?」



「ん、、、泣」



宮舘「あーほら、泣かないよ」



渡辺「かっけ」



佐久間「自然に涙を"サッ"って」



深澤「俺もやってみよっかな」



宮舘「ふっかはまず、お顔直してこよっか」



佐久間「ぐふっ!」



深澤「あ、はい」



「へへっ」



渡辺「あ、笑った」



目黒「めっちゃ久しぶりに笑ったじゃん」



深澤「その笑顔が欲しいのー!」