無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

えんど
宮舘side



楽屋に入った途端、



深澤「だてさん!よかった」



佐久間「あーもう、、、心配したぁ」



岩本「もー腹だいじょーぶ?」



ラウール「僕たちにも相談してね!」



って、年上に続き年下の子達まで、俺を気にかけてくれていたことに気づく



そうだ、俺、みんなにどー思われてるかすっごい悩んでたんだって



阿部「だてさん、悩み事聞かせてくれる?」



渡辺「りょーた、全部吐いちゃお」



「コクッ」
「お、おれ、、、」



向井「ゆっくりでええんやで」



「みんなに、どう思われてるか不安だった」



目黒「どう思われてるか?」



「俺、迷惑かけたっ泣」
「年末の大仕事、無くしちゃったっ泣」



深澤「それで、俺たちがどう思ってんのか
   不安だったってこと」



「コクッ」



岩本「そんなの、だてさんが悪いなんて
   思ってねーよ?」



佐久間「あんなの、誰がなるか分かんないんだし」



阿部「俺たち芸能人、どこでもらってくるかも
   分からないんだから」



ラウール「だいじょーぶだよ?」



渡辺「お前のせいじゃねーから」



「コクッ」



向井「俺たちは攻めへんから」



目黒「全力で守る」



渡辺「俺たち、お前のこと大好きなんだよ」



「ありっがと泣」



深澤「泣きすぎ笑」



岩本「っし、だてさん、腹まだ痛い?」



「ちょっと」



阿部「ん、やっぱ悩み事あったんだね」



どーやら、俺の謎のお腹の痛みは悩み事だったらしく



ラウール「ちゃんと頼ってくださいね!」



向井「無理は禁物やで!?」



目黒「次は、俺が守る番なんで」



岩本「だてさん、次やったら分かるよね?」



阿部「またやったら、円周率覚えさせるから」



年下たちに注意や謎の告白をされたり



深澤「まじでさ、無理しすぎ」



佐久間「ちょっとは頼ることを覚えなさい!」



年上には怒られたり



渡辺「お前、一生俺と一緒にいろよ」



幼馴染には、彼氏みたいな言葉を頂きました



ここの場所が俺に一番あってる
最高な仲間だ