無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第59話

目黒 貧血→他メン
目黒side



ずきっ



「って、、、」



向井「どしたん?」



「ん、なんも」



ずきっずきっと襲ってくる頭の痛み
その度に変な声が出ちゃって康二に聞かれるのも数回目



向井「ほんま、どーした?」



「んーん、なんもない」



深澤「体調悪い?」



「んーん、大丈夫っす」



渡辺「顔色悪くね?」



「そー?」



岩本「一応熱測るか」



「大丈夫だってば笑」



らう「まぁさ、一応測っといた方がいいでしょ」



「はぁ」



これでさ、もし熱あったらどーすんの?
この後のYouTube撮影できないよ??



ぴぴぴっぴぴぴっ



阿部「なったね」



佐久間「何度?」



阿部「んー、平熱なんだよなぁ」



宮舘「目黒、どこが調子悪い?」



いやいや、なんで調子悪い設定になってんの!?



「だから、どこも悪くないっすから」



向井「頭痛いんやないの?」



いや、何でわかったの



渡辺「はい、図星」



いつもバブバブしてるくせに



深澤「熱ないんだったら、貧血とかかな?」



岩本「あっかんべーして」



目黒「こう?」



岩本「うん、」
  「あーやっぱ貧血だね」



この頭痛の原因、貧血だったようです