無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第44話

えんど
岩本side



向井「あー、阿部ちゃん動いたらあかんで!?」



あの後、阿部の腹の調子がどんどん悪くなっていって



というよりかは、阿部が隠してたんだけど、
もう隠す必要ないから急に泣き出した感じで



佐久間「もー、阿部ちゃん無理するから」



宮舘「無理するのはダメだよ」



阿部「すいません、」



目黒「もー、阿部ちゃん可愛すぎ」



渡辺「は?」



1人論外な人がいるけど、可愛いのは納得かな
涙目だしさ、、、



深澤「阿部ちゃん、どーしちゃったんだろーな」



阿部のお腹を摩りながらふっかが聞けば首傾げて



ラウール「今のはアウトでしょ」



向井「写真ー!」



などなど言ってる2人を無視して阿部の方を向けばやっぱり辛そうな顔



宮舘「カイロ買ってきたよ」



トイレ行って来るって言って出ていっただてさんがカイロ買ってきてくれて



阿部「ありがとっ」



宮舘「お大事に」



あーいうのスマートに出来ちゃうところかっこいい



渡辺「阿部、変なもんでも食った?」



「あーなんか、生物とか」



阿部「フルフル」



深澤「じゃあ、お腹出して寝た?」



阿部「フルフル」



目黒「どーしたんだろ、」



佐久間「あー!便秘じゃない!?」



向井「え、?」



デリカシーないこと言う佐久間の言葉は図星だったらしく顔が赤くなってく阿部



阿部「佐久間、さいってい!」



佐久間「ごめんって!」



しばらくは、口聞いてもらえねーな