無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第87話

えんど
菊池side



??「、、ち!き、、、ち!きくち!」



「ん、、、」



誰かが俺を呼ぶ声で目が覚める、、、
びょういん、?



松島「よかった、起きた」



「っしま、」



まり「心配したんだから!」



「、り」



佐藤「あ、健人くん風磨くんなんだったの?」



中島「あ、うん、落ち着いて聞いてね」



「んだ、それ」



まり「びびってる?」



「っせ、」



ビビるだろふつー
あんな強い胸の痛みと中島の言葉がプラスされたんだもん
なんか、あるのかって危機感くらいもつよ



松島「で、なんだったの?」



中島「しん、ぞうびょう、、、らし、い」



佐藤「しんぞう、びょう、、、?」



心臓病、、、
俺、、、が?



松島「それって、、、なおるの?」



佐藤「余命、、、とか、、、」



まり「そんな縁起でもない」



中島「それは大丈夫」
  「治療すれば、治るから」



「んだよ、ビビらせんな」



中島「でも、ほんとに辛いらしい」
  「一応手術も予定してるって」



佐藤「手術!?」



中島「そう、まだちr…」



「はぁっはぁっいだいっ」



中島「ちょ、大丈夫か?」



松島「先生呼んでくる!」



まり「風磨くん、、、」



そんな悲しい顔すんな、
死ぬわけでもねーんだから



そんな言葉をかけようとしたけど、逆の立場だったら俺も同じだから、、、



迷惑かけるかもしんねーけど、サポートして、、、ほしい



そんな小っ恥ずかしいこと言えるはずないんだけどな笑










最後、雑な終わりかたでごめんなさい!









リクエスト募集中です!