無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第56話

菊池side



「肺気胸!?」



医者「はい」



「え、それって、、、え?」



中島「いや焦りすぎ」



「だって、、、え?」



医者「中島さんの場合は手術まではいかない
   程度です」
  「しばらく安静にしていだければ」



中島「あ、そんなけでいいんすか」



医者「はい」



「え、再発とかって」



医者「可能性としてはあります」
  「ですが、今防止が出来るものではありません」
  「とても再発率が高い病気なので」



「再発、、、」



中島「まぁでも、今はさ、目の前のやつ治そうよ」



「そんだけどさ、」



中島「なに、心配なの」



「そりゃそうだろ」



医者「とにかく安静にしていてください」
  「入院が1番おすすめですが、所業柄
   無理なことは承知しております
   ですので、定期的に通院してください」



中島「はい、分かりました」



がらがら



「気胸かぁ」



病院の廊下を2人で歩きながら呟く



中島「まぁさ、安静にすれば良いんでしょ?」



「うん」



中島「仕事穴あけちゃうかもだけど、よろしく」



穴を開けると言えば、ダンスとか歌とかも極力避けないといけないからアイドルとしてのお仕事は無し
それと、体を張るお仕事も、もちろん無し
で、残ってるのはバラエティ番組くらい



中島の仕事に穴が開いちゃうのは正直辛いと思う
だって、中島色んなテレビ出てるからさ、、、