無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第98話

目黒、渡辺、深澤 熱→他メン
目黒side



体調が悪い
そう感じたのは朝起きた時



まだまだ全然大丈夫だったから、薬とかも持たずにきたけどちょっとやばいかもしんない
すこぶる悪い



怠い、、、怠い、、、怠い、、、



感覚だけど熱高い気がする



言い出そうとしてた言いだせない状況
だってレッスン中だもん
しかも、今日は新曲の振り入れだから気合も尚更入ってる
こんな状況じゃ言い出せるはずがない









深澤side



目黒と翔太体調悪い
勘だけど多分、、、てか絶対そう



2人とも顔赤いし息荒いし。



俺も2人のこと気にしている場合じゃないんだけどさ
熱測ったら38度とディスプレイに表示されて
あぁやばいなって思って俺の朝が始まった



結果、やばいんだけどね









渡辺side



「はぁっはぁっ」



いつもより早めに体力の限界を突破した。
辛い、、、



にしても熱すぎる、、、
汗ばんだTシャツ、気持ち悪い



でもどうすることもできないのが苦しい



体調悪いこと隠してても無駄だから言おうと思ったんだけど、やっぱり今のスケジュール的に無理なことは承知してるから言い出せなくて




そのままレッスン始まったけどきちぃわ