無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

目黒side



あれから、家を出て車に乗り込み楽屋で準備をしてから撮影が始まった



んで、今、撮影中なんだけど
お腹やばいかも



めっちゃ痛いってほどじゃないんだけど、後からやばそうな予感



実際に今、下しちゃってる感じだし



カメラの音とかスタッフさんの声、メンバーの声とかで聞こえてはいないんだけど、結構お腹ギュルギュルってしてる感覚



「いてぇっ」ボソッ



段々とゴロゴロしてきて、それと同時にお腹の痛みも増す



これ、トイレら行かないとだなって思ったけど、撮影中だからさ、ね…



「うぅ…」ボソッ



本当に小さい声で周りには聞こえてないけど、痛すぎて声が出る



やばいかも、



ん、あれ
みんな傾いて…ない?