無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第109話

※•
菊池side



車に乗り込めば、ぼーっと中島を見てるマリウス



どーしたのか声かければぼろぼろと泣き出して、詰まりながらも中島の体調が良くないことを教えてくれた



「馬鹿なんかなこいつ」



佐藤「気づかれたくないんじゃないの?」



俺が乗って10分くらいしたら、メンバーも全員集まっていつも通りのガヤガヤした車内かと思ったら空気読んでるらしくしーんとしてる



松島「表情苦しそうだね」



「そーなんだよな、」



ぎゅっと目を瞑って何かに耐えてる中島
見てるこっちが苦しいわ



「まね、行き先病院で」



まね「えっ!」



「開始までまだ時間あるから大丈夫」



まね「ん、わかった」



佐藤「健人くん大丈夫かな」



「わかんねぇけど」
「中島、中島起きろ」



中島「んー」



「おい、中島、今病院に向かってっから」



中島「ん、っ!」



松島「大丈夫?」



中島「吐きそ、」



まり「袋!袋!」



「あった、中島、ここに吐け」



中島「んっはぁっおえっ!げほっおえっ」



「大丈夫か、」



まり「もーすぐ病院着くから窓開けてあげて」



「りょーかい、」



まじ、こいつ大丈夫かよ、