無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第78話

菊池side



中島「いってぇ、、、」



先生の説明が終わって病室に戻ってきたんだけど、ずっと苦しそうな中島



点滴もしてるけど、少ししか効いてないみたい



医者「苦しいね」
  「もうちょっと我慢してね」



先生も付き添ってくれてるから、少しは安心なんだけど、痛みはなくなるわけではないから辛そうで



中島「はぁっいったい!」



「中島、大丈夫大丈夫」サスサス



背中をさすってやることで精一杯
ベットの上で小さく蹲って胸を押さえて、顔も強張ってるから相当な痛みなんだと思う



まり「けんとくんっ」



松島「大丈夫?泣」



佐藤「なんで泣いてんの」



「痛いなぁ、、、もうちょっとで落ち着くらしいから
 がんばろーな」



中島「ん、はあっいって、、、」



医者「ちょっと痛み強いね」
  「点滴量調節するね」



「中島、大丈夫なんすか」



医者「うん、大丈夫だよ」
  「点滴も効いてくるだろうから」



「あ、そうっすか」



医者「今日1日はこういうこと続くだろうけど
   少し経ったら治療進めてくね」
  「中島くん、もう少しの辛抱ね」



中島「コクコク」



声も出ないほどの痛みらしい
ほんとに大丈夫かよ、、、