無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第73話

岩本side



車に入ってきて早々、ぐたっとシーツにもたれた佐久間



いつもだったらムカつくくらい、うるさくしてるのに今日はすっごい静か



佐久間で迎えが最後だから窓側
それで、俺も最後から2番目
つまり、佐久間の隣



横向いて佐久間の様子を見るけど、ほんのり顔が赤いから熱でもあんのかなって思ってたけど、それは違った
違ったというか、熱もありそうなんだけどお腹痛いんだと思う



前屈みにはなってないけど、そっとお腹に当てられた手と息遣いに気づけばわかること



「佐久間、腹痛い?」



佐久間「コクッ」



あんまり弱音を吐かない佐久間
絶対、否定されると思ったけど俺が言ったことに頷いてくらたから俺も少しびっくり



「大丈夫?」



佐久間「いたぃ、、、」



皆ガヤガヤしてるから、俺たちの会話に気づく人はいない



「トイレ行く?」



佐久間「まだっいけるっ」



「うん、わかった」



まだ行けるって言ったってことは、トイレに行きたいってことだと思うから、なるべく早く連れてってやんねーと



「もうちょいだけど、大丈夫?」



佐久間「コクッコクッ」



あと1、2分で着くと思うけど、佐久間の立場に立ってみると、もっともっと長く感じると思う



まね「はい、着いたよー」



そんなマネの言葉を半ば無視するようにドアをがっと開け佐久間を外に



もうちょいだけ、もうちょっとだから