無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第106話

深澤side



やばい、、、
腹、痛い、、、



今日は2本撮りらしく、今さっき1本目が終わったところ



暫く休憩時間らしいけど、トイレ、、行こっかな



なんとなく下ってる感じもするし



「トイレ行ってくる」



渡辺「行ってらー」



メンバーに見守られつつ外に出るけど、お腹痛すぎ



「んっはらったい」



さっきまで下ってる気がしてたものが、今は完全に下ってるって感じ



トイレ急がないといけないけど、お腹痛過ぎて前に進めない



「んぅ、やばい、、、」



ぎゅっとお腹周りの服を掴んで痛みに耐えるも意味はなく




「痛い、、、」



どんどんひどくなってく



「ひかっ」



振り絞って出したシンメを呼ぶ声
気付くかな、、、
気づいて貰えなかったら終わり



岩本「ふっかー?どしたー?」



気付いた
がちゃっとドアを開けて顔だけ出して俺を見る




岩本「え、ちょっどーした」



俺の異変に気付いたのか駆け寄ってきて背中に手を添えられる



「きづかれたくっないっ」



他のメンバーにはこんな姿、見せたくねーもん



岩本「ん、わかった」
  「トイレ行く?」



「コクッコクッ」