無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第42話

岩本side



阿部「はよーございます」



そう入ってきた時から若干だけど顔色が悪かった阿部



誰も声かけないってことは気づいてないと思うから俺もスルー



なんだけど、阿部、限界なんじゃないかってところまできてるとおもう



今、俺の隣に座ってて窓にもたれかかってる阿部の息遣いすっげー荒い



「阿部、腹痛い?」



「ん、だいじょぶ」



なんとなく前屈みになってるからお腹痛いのかなって直接押さえてるってことはないけど、分かるものはわかるから



「無理すんな」
「誰にも言わねーから」



阿部「ん、」



阿部の性格上、自分が弱ってるところを知られるのは嫌かなって
幸いみんながワーワー喋ってるから俺たちの会話に目を向ける人なんていない



「下してる?」



阿部「朝、ちょっと」



「ん、そっか」
「今は?」



阿部「だいじょーぶ」



「分かった」



阿部の口から出てきたわけじゃないけど、多分コイツ何回もトイレ行ってんなって



体力消耗してると思うから、少しの間寝かせねーとな



「寝れそう?」



阿部「無理っお腹痛いっ」



「そーだよな」



お腹痛すぎて寝れないってコイツ、バレるとかバレないの前に、こんなの絶対バレるっしょ



「あったかいの買おっか」



阿部「やだっ」



「いいって、バレねーようにすっから」



どんだけバレたくないんだよって思いながらも、マネにコソコソっとコンビニ寄って欲しいことをお願いした