無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

ラウール 偏頭痛→他メン
リクエスト、前後させていただきます









ラウールside



「んったい!泣」



目黒「ん、痛いな痛いな」



ここ連日雨ばかりで、偏頭痛持ちの僕にはすごく厄介



ずきんずきんと痛む頭に付き合うのも、3日くらい



一向に良くならなくて、雨も強くなったり、弱くなったりとするから、僕の頭もそれと同じように痛くなる
波があるから、気持ち悪くなっちゃうこともしばしば



深澤「んーどーすればいいんだろ」



ここ数日は滝沢歌舞伎のリハーサルとかがあってほぼ毎日メンバーとは顔を合わせてる



だからこそ、一向に治ってない僕に心配の眼差しを向けるのは、毎回のこと



阿部「明日は晴れだって」



この痛む頭がいつ治るのかは、明日ってことは、前々から調べてたから分かってたけど、みんなが気にしてくれてるってわかると、嬉しいなって



目黒「あ、ツボあるんだって」



そう言って、真剣な表情でスマホを見て自分の足や手で確認してるめめ



いや、それ意味ないでしょ



岩本「目黒、それ意味ねーから」



目黒「え?」



渡辺「お前も頭いてーのか?笑」



目黒「あ、そっか」



宮舘「目黒、最高だな」



佐久間「まじで、めめやばーい!」



目黒「いや、はず!」