無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第110話

菊池side



「ったく、頭いてぇんだったら無理すんなよ」



中島「ん、ごめっ」



「はぁ」



佐藤「無理は禁物ね!!」



松島「次無理したら怒るから!」



中島「ははっ多分怖くないな」



松島「ねぇ!!」



まり「健人くん怒るからびっくりした」



「あ、そーだ、こいつ泣いてたぞ」



中島「まじ?ごめんごめん」



中島は緊急治療室みたいなとこに入って治療を受け、完全復活して普通に話して和気藹々とした雰囲気



だったんだけど、



医者「脳腫瘍です」



先生からの衝撃な一言で雰囲気はぶち壊しになってその場にいたまね含め全員が固まる



佐藤「脳腫瘍、、、」



松島「それって治るんですか」



医者「これから治療を進めていく中で、
   今後の対応などを考えていきたいと
   思っておりますので、暫く入院が
   必要になります。そのため、
   今の時点ではどーなるかはわかりません」



松島「そーですか、」



まり「健人くん、死なないでね」



中島「なんで俺、死ぬ設定になってんの笑」



なにこいつヘラヘラ笑ってんだよ、



「お前s…」



中島「わかってるよ、自分の状況くらい」
  「だからこそ、治療乗り越えるためにも
   笑顔大切でしょ」



そう言って、笑顔で皆を見上げる中島



中島「俺は死なないから」
  「どんな病気でも絶対に勝ってやる」



その言葉、信じてもいいですか。









リクエストお待ちしてます!!