無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第66話

山下 心臓病→滝沢、亀梨
山下side



「はぁっはぁっ」



最近、階段を数段登っただけでも息切れをする
最初は歳かなと思ってたくらいだけど、胸の痛みを感じはじめたのもつい最近



でもまぁそんなけだから気にしてなかったんだけど、徐々に顔の浮腫とかが出始めていて



数年前に見たんだよね
心臓病の発作に似てる
というよりか一緒



でも、まだまだ分かんないから
そんなん俺がなるわけない
とか言ってここ数日は病院に行かず俺の心とその理由で向き合ってきた



だけど今日は本当にやばいかもしんない



ここ数日のことを思い出してる間にどんどん胸の痛みが強くなった



「ってぇ」



思わず声も出るほどの痛み



今日、滝沢くんと亀梨と3人での会議
しかも、早めに終わるらしいから終わったら病院行ったほうがいいのかなって
俺の選択肢にはなかったけど、なんか危ない気がして行った方がいいような気がするから



「はよーございます」



滝沢「あーおはよ」



亀梨「はよー」



「あー、遅れちゃいました?」



滝沢「全然大丈夫、まだ余裕」



「あ、よかった」



滝沢「じゃあ少し早いけど、はじめちゃおっか」



滝沢くんの掛け声で、会議がスタートした