無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第56話

中島(健)肺気胸→他メン
中島side



「ゲホッゲホッ」
「いてっ」



俺が異変に気づいたのは、1週間くらい前



なんとなく、胸が痛くて咳も少し
って状態だったんだけど今は、もう最悪



「ゲホッゲホッ」「ゲホッゲホッ」
「いたっ」



咳は止めることできないから、すれば胸が痛くなるしでもう散々



「あーもうっ」



それに付き合うのもそろそろ限界
いっそのこと病院行って原因突き止めて薬とか出してもらったほうが絶対いいっしょ



「行こっかな、ゲホッ」
「あ、菊池いけるかな」



車を運転してる際、いつ胸が痛くなってもおかしくないから、事故起こさないためにも頼るのも良いかなって



「あ、菊池?」
「今来れそう?」

「うん、そう」
「お願いね」



前々から言ってあった胸が痛いってこと
そう言ったときには心配してくれて直ぐに病院行こうって言われたけど、そんな大事にすることでもないからって見送りに



で、今日俺から連絡が入ったからやっと行くことになったってことも何もかもお見通し



菊池「きたぞー」



菊池だけが持っている合鍵で入ってきたらしい



「うん、ありがと」



菊池「よし、行こ」



「うん、」



行こうってなったら少し足がすくんだのが分かる
でも、なんかあるわけなくない?
胸が痛いだけ、、、だよ?



流石に癌は、、、ねぇ笑