無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第81話

佐久間 貧血→岩本、阿部
佐久間side



「うぅ、、、」



1時間ほど前から感じていた頭の痛み
気づかないふりをしてたけど、今になって痛みが増してきた



「きもちわるっ」



独特な波で頭を痛めつけるから、吐き気も割と



「といれっ」



幸いなことに今日は仕事がなくずっと家にいられる



アニメを見ようとか、嫁を眺めようとか色々楽しみにしてたけど、丸潰れ



というか、用事ができたとかそういうんじゃなくてただただ頭が痛いから辞めた



ずっと楽しみにしてたから、そんな気持ちになった俺自身も少しびっくり



「でないや、、、」



吐くかもって思ってトイレに行ったけど、無駄な行動をしただけで吐けず



吐いて気持ち悪いのとか出しちゃいたいけど、吐けない



「やばいっ」



相変わらず頭が痛くて痛くてしょうがなくて



布団の中に潜り込み小さくなって頭を抱えるので精一杯



さっき動いたのもあって酷くなったのかこの状態で動けるはずもない
だから、薬も取りに行けない



「んー、、、いたい、、、」



1人の空間にたった一言呟いてみたけど、誰かから返事が返ってくるわけでもなく、静かに時が過ぎていく



咳をしても1人
阿部ちゃんがなんか言ってたけど、その時は意味が分からずだった



けど、今は分かる気がする



そんな状況に俺は耐えられなくなり、ある人に電話をした