無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第73話

岩本side



「間に合ったね」



佐久間「コクッ」



トイレに入るや否や便器に腰掛けぐっとお腹を抱え込む佐久間



「俺、外で待ってるわ」
「なんかあったら言って」



佐久間「コクッ」



気にしすぎちゃうとあれだしさ
人がいる前でするのもかわいそう
いくらメンバーでもね



心配なもんは心配だけど、佐久間のメンタルとかも考慮すればこれが正解



「れんらく、」



メンバーには佐久間の状態は伝えてなくて、車の時にはスタッフさんに呼ばれてるからって理由で急いできた
だから、この状況は知らない



「ふっかかな」



同い年ではあるけど、年上のふっかに連絡



「📱もしもし、ふっか?」



深澤「📱はいはい、どしたー?」



「📱佐久間、腹痛いみたいでトイレ行ってる」



深澤「📱え、まじー?大丈夫なの」



「📱ちょっとやばいかもしんない」
「📱胃腸炎とかありえる」



深澤「📱気持ち悪いって?」



「📱そこまではないんだけど、熱あるっぽい」



深澤「📱んー、そっかそっか」
  「📱佐久間、気にするだろうから部屋、
   別々にする?」



「📱うん、お願いしたい」



深澤「📱じゃあ、トイレに1番近い楽屋空いてる
   らしいからそこきて?」



「📱うん、わかった」



状況の読み込みが早い最年長でよかった



佐久間「ひかる、」



「お、大丈夫?」



佐久間「ちょっとやばいかも」



「そっか、ふっかが部屋別々にしてくれた」



佐久間「ありがと、」



「うん、俺じゃないんだけどね笑」