無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

20話
うらた
まあ、今外にいるから(おい!桜!お前の望み通りか知らねぇけど、ヒント使ってやったなりよ!?)とにかくお父さんの会社に行こ?そこに機械があるって書いてあったし、今お父さんは家にいるから会社は誰もいないはず!
さかた
その代わり、かなりの召し使いが動いてるから変装して見つからんようにいかんとな
うしさせ
おう!
あなた

うん!

あーだこーだして会社にて←いやもうさ?察して?
しま
問題はどうやって中に入るかやな
センラ
鍵とかは無かったん?(やっとセリフ言えた!嬉しい!歌風優しい!)
さかた
うん、指紋認証か、社員専用のカードキーを通さな開かんようになっとる
あなた

あ、それなら、私できるよ?

うしさせ
は?
さかた
いやいや、だから、鍵とかじゃないって…
あなた

私よく、お父様にお弁当届けてたからカードキー持ってる

しま
早よ言えや(ガチトーン)
あなた

ご、ごめんなさい…ヒッグ…

しま
あぁ~泣かんとって?な?
さかた
あー志麻があなたの事泣かせた~
しま
うるさい!あなた、よろしく
あなた

うん!

ピッ!←カードキー通す音
あなた

開いたよ!

うらた
俺と坂田が先に行くから、志麻とセンラは、あなたの後ろにおって!
うしさせ
おう!(浦田以外)
うらた
それじゃあ行くぞ!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
作者(うか)
桜?あれはヒントとは言わへん!ただのキーワードや!
うしさせ
おつうか~!
作者(うか)
先に言うな!
おつうか~!