無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

12話
さかた
み、みんな!聞いて!
うらた
どしたの?
さかた
お父さんとお母さんが言ってたんやけど、あなたの記憶が戻ったら、お父さんの会社が潰れるらしい
センラ
そ、それで?
さかた
お母さんが、あなたを殺さないとなんとかって…
しま
とにかく、あなたを守らんとヤバいってことやな?
さかた
そう…
センラ
でも、俺らにそんなこと出きるんかな…
うらた
出来る出来ないやなくて、やるんや!
センラ
そやな!
あなた

みんな、どうしたの?怖い顔して

うしさせ
っ!何でもないよ?
あなた

何にも隠してない?

うしさせ
おう!
あなた

何かあったらすぐに言ってね?

うしさせ
わかった!
うしさせ
(言えないよ…  あなたが殺されそうなんて…)