無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

932
2021/07/24

第12話

🌈




















ヒョンについて行くと
準備室のようなところに着いた。


_@_
()
ぐが、着替えな
_@_
()
、、は、はい


そんなにじーっと見られると
気まずいんですけど、、、、、。



てかそもそもなんでこんなことになってんの。
_@_
()
今なんでこんなことになってんの
って思った?
_@_
()
、、え
_@_
()
図星かㅎㅎ
_@_
()
いや、えっと、、その、、、、

そりゃ、思うでしょ。
いきなり触られて、出されて



聞づらいけど今ここで聞かなきゃ
ずっとモヤモヤしたままだ。

こういう時だからこそ勇気を出さなきゃ。




_@_
()
あの、、
_@_
()
ん?
_@_
()
なんで、、こんなことを?
_@_
()
あぁ、ㅎㅎ
_@_
()
ぐがが辛そうだったからさ
_@_
()
僕との撮影の時
毎回こんなにしちゃって
_@_
()
そんなに僕が好き?
バレてたの?
だってさしょうがないじゃん。

好きな人にあんなことやこんなことされて
反応しないわけが無い。



_@_
()
はい、好きですよ
_@_
()
好きで好きでどうしようも
ないんです。

まさか自分の口から
出てしまうとは思わなかった。

もう、むしゃくしゃして、、、。




_@_
()
そ
_@_
()
なら良かった。
_@_
()
僕だってぐがのこと好きだよ。
_@_
()
殺したいぐらいに
_@_
()
ぜーんぶ僕のものにしたい。



この時思いだしたんだ。
僕を縛ってた時のあのいきいきとした目を。


























NEXT
ランキング52位→50位になりました!
ありがとうございます!!♥