無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

6.
そろそろ大会が近いからって、

悠燈がバスケ部の奴らと飯を食いに行った。

仕方ない。俺も勝って欲しいと思うし、
モブ
モブ
優ー、呼んでんぞー、
小川 優 ( オガワ ユウ )
小川 優 ( オガワ ユウ )
おう、
こいつと2人なのは納得いかんがな。←

財布を持って奏斗の元へ行く。
松村 奏斗  ( マツムラ カナト )
松村 奏斗 ( マツムラ カナト )
悠燈先輩はいないんすか、?
小川 優 ( オガワ ユウ )
小川 優 ( オガワ ユウ )
あぁ、大会近いつってたから
松村 奏斗  ( マツムラ カナト )
松村 奏斗 ( マツムラ カナト )
ッ…寂しいすね、
『  優と2人だッ…✨ 』

とても寂しそうには見えんな。




ーー
ーーー



購買でパンを買い、そのまま珍しく校庭に出た。
松村 奏斗  ( マツムラ カナト )
松村 奏斗 ( マツムラ カナト )
ここら辺涼しそうっすね、
小川 優 ( オガワ ユウ )
小川 優 ( オガワ ユウ )
だな、
先に進み、影がある場所でしゃがむと

奏斗も俺の向かい側に座る。
松村 奏斗  ( マツムラ カナト )
松村 奏斗 ( マツムラ カナト )
先輩、今日バイトですか?
『 月曜日…  』

俺の大体入れるシフト覚えられてないか、、?
小川 優 ( オガワ ユウ )
小川 優 ( オガワ ユウ )
ッ…なに、来んの?笑
松村 奏斗  ( マツムラ カナト )
松村 奏斗 ( マツムラ カナト )
休み時間食うお菓子買いに、
小川 優 ( オガワ ユウ )
小川 優 ( オガワ ユウ )
ふーん…あるだけの金全部使うなら来てもいいよ。
お前の金が俺の給料に繋がるからな、

まぁ、頻繁に来てくれてるだけで十分なんだけど。

゙俺がいない時に ゙
松村 奏斗  ( マツムラ カナト )
松村 奏斗 ( マツムラ カナト )
お金いっぱい持っていきますッ、
小川 優 ( オガワ ユウ )
小川 優 ( オガワ ユウ )
ははッ、ばか、冗談だよ 笑
松村 奏斗  ( マツムラ カナト )
松村 奏斗 ( マツムラ カナト )
ふふ、先輩がレジして下さいね、
『 女の人はやだ。優がいい。』


双葉さん変わって下さい。
小川 優 ( オガワ ユウ )
小川 優 ( オガワ ユウ )
居たらな、
松村 奏斗  ( マツムラ カナト )
松村 奏斗 ( マツムラ カナト )
はい、…ぁ、
奏斗の手が伸びてきて、俺の口元を触る。
小川 優 ( オガワ ユウ )
小川 優 ( オガワ ユウ )
ッ…んだよ、//
松村 奏斗  ( マツムラ カナト )
松村 奏斗 ( マツムラ カナト )
クリームついてました
小川 優 ( オガワ ユウ )
小川 優 ( オガワ ユウ )
口で言えばいいだろ、//
びっくりした…あぁ…変に意識してる俺がいる…//

好意を持たれてるってわかってるから尚更、
松村 奏斗  ( マツムラ カナト )
松村 奏斗 ( マツムラ カナト )
ぁ…すみません…ふふ、先輩可愛いですね
小川 優 ( オガワ ユウ )
小川 優 ( オガワ ユウ )
な…//
ダメだ、言い返すな。抑えろ。ここは話を変えよう。

クリームパンを1口かじり、心を入れ替える。
松村 奏斗  ( マツムラ カナト )
松村 奏斗 ( マツムラ カナト )
今日体育してる時俺と目合いませんでした、?
小川 優 ( オガワ ユウ )
小川 優 ( オガワ ユウ )
ん゙…ゴホッ、ゴホッ…
やべ、変な器官に入った、泣

慌ててお茶を飲む。
松村 奏斗  ( マツムラ カナト )
松村 奏斗 ( マツムラ カナト )
大丈夫すか、?
小川 優 ( オガワ ユウ )
小川 優 ( オガワ ユウ )
大丈夫。
その話振るタイミング今かよ、
松村 奏斗  ( マツムラ カナト )
松村 奏斗 ( マツムラ カナト )
俺の事見てたっすよね、
『  優が授業中も俺の事考えてくれてた ✨ 』


勘違いも甚だしいぞ。俺は外を見ただけだ。

お前の事なんか考えてない。考えたことも無い←
小川 優 ( オガワ ユウ )
小川 優 ( オガワ ユウ )
いや、見てない。
゙たまたま ゙ 視界にお前が入った。それだけだ。

断じて見てない。異論は認めん。
松村 奏斗  ( マツムラ カナト )
松村 奏斗 ( マツムラ カナト )
ッ…俺は合いましたッ
小川 優 ( オガワ ユウ )
小川 優 ( オガワ ユウ )
合ってない。
松村 奏斗  ( マツムラ カナト )
松村 奏斗 ( マツムラ カナト )
じゃあ何見てたんですか?
『 俺…絶対俺… 』
小川 優 ( オガワ ユウ )
小川 優 ( オガワ ユウ )
ッ…あれだ、…その…、まぁ、昼休み終わる前にさっさと飯食うぞ。
松村 奏斗  ( マツムラ カナト )
松村 奏斗 ( マツムラ カナト )
話変えないで下さい 笑
小川 優 ( オガワ ユウ )
小川 優 ( オガワ ユウ )
もぐもぐ
逃げ逃げ、
松村 奏斗  ( マツムラ カナト )
松村 奏斗 ( マツムラ カナト )
先輩、俺の事好きですか?
あー、好きね、はいはい…好き……
小川 優 ( オガワ ユウ )
小川 優 ( オガワ ユウ )
は!?//
松村 奏斗  ( マツムラ カナト )
松村 奏斗 ( マツムラ カナト )
俺は好きです。
小川 優 ( オガワ ユウ )
小川 優 ( オガワ ユウ )
待て待て、落ち着け。お前何言ってるかわ分かってるか、?//
松村 奏斗  ( マツムラ カナト )
松村 奏斗 ( マツムラ カナト )
はい、…、?
『 おかしかったかな…でも優も

俺の事気になってるから両思いなはずなのに…』


いや、おかしすぎるだろ。

お前の頭の中はどうなってるんだ。

バカなのか?いや、バカだろお前。

どっからその結論に至ったか俺に分かるように説明しろ。

そもそも出会って日も浅いだろ、

お前のその好きは違うんじゃないか、?
小川 優 ( オガワ ユウ )
小川 優 ( オガワ ユウ )
はぁ…つまり、お前は俺と付き合いたいということでいいか、?//
松村 奏斗  ( マツムラ カナト )
松村 奏斗 ( マツムラ カナト )
はいッ(ニコッ)
いや、そんな嬉しそうな顔されてもだな…
小川 優 ( オガワ ユウ )
小川 優 ( オガワ ユウ )
俺男だぞ?
松村 奏斗  ( マツムラ カナト )
松村 奏斗 ( マツムラ カナト )
知ってます。
小川 優 ( オガワ ユウ )
小川 優 ( オガワ ユウ )
ッ…あ…ぉ、俺h
茅野 悠燈 ( カヤノ ハルヒ )
茅野 悠燈 ( カヤノ ハルヒ )
優ー!
と、悠燈が遠くから走ってくる。

こんなにも悠燈の存在が光り輝いて見えたのは初めてだ。