無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

🌙:2
K.T1013
あ、あなたさんですか?
you
you
…!そうです!


びっくりした…
まって、背が高い。これはイケメンの予感
顔は黒マスクしててフード深く被っててよくわかんない。


K.T1013
こんにちはっ、ちょっとカフェ行きましょ
you
you
え?あっ、はいっ

彼は早い口調で焦っているような、周りの目を気にしているような感じで私に喋りかけた
その声はどこかで聞いたことのある魅力的な低い男らしい声だった。


カランコロン”


カフェに着くと私は一番奥の席へ案内された。
K.T1013
どうぞ、ここに座ってください
you
you
ありがとうございますっ、
K.T1013
あの、びっくりしないで欲しいんですが…
you
you
はい、、?
K.T1013
実は俺…


彼はそう言うと黒マスクとフードをとる。

私は目の前の光景を見て自分の目を疑いました。
you
you
え、え、嘘だよね、夢…?、え
テテ
テテ
嘘じゃないよ、現実ㅋ




























なんと、K.T1013の正体は

BTSのテテだったんです。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

じみちゃむ。
じみちゃむ。
じみんしぃのむのむのむさらんへ いつかわての心臓がもたなくなる日がきそう フォローは元気の素 いいねしてくれる子めちゃ好き コメントしてくれる子は愛すしかない わてのことは、ちゃむとか呼んでくれ 気軽に話しかけてね! いつでも、暇人だから← ファンマ▹▸ 🐤🔭 ファンネ▹▸ ちゃるじゃーず 大切な친구 ヨンタンになりたい=よんちゃん((天使 지리🍎=オンニ((大好き きりん.=なのちゃん もみじ🐰🍼=もみ 딸기🐰=たるちゃ 🦁きむてつお氏♥=きむむ 濃ゆく絡んでくれる子の方が好み。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る