無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

🌙:4

ドアが開くと4人…ヒョンラインが入ってきました。
ホビ
ホビ
こんにちはー!
ナム
ナム
ホビうるさいㅋㅋ
you
you
こんにちは!


ホビは予想通りはっちゃけた明るい人だったㅋㅋ
ナムさんは見るだけでいい人オーラ放ってるし
ジン
ジン
えっと、テヒョンの彼女だよね?
you
you
はい!そうです
ナム
ナム
これからよろしくね
you
you
よろしくお願いしますっ


皆優しそうで良かった〜…ちょっと一安心
じみんちゃんとかテヒョンとは違って落ち着いてるから本当に1歳差なのか疑っちゃう。


ホビ
ホビ
じゃ、ダンスの練習してくる〜!
ジン
ジン
俺も夜ご飯作んなきゃ
ナム
ナム
じゃあ、作詞頑張ろ
you
you
皆さん頑張ってください!


やっぱり、家にいる時も忙しいんだなって。
全部armyのためって考えるとキュンときちゃう。

みんな部屋から出ていったって思ったら、気づけば私とゆんちゃんの二人っきりの状態だった。
私の妄想のゆんちゃんは超絶ドSキャラ…実際はどうなんだろ、意外とかわい


ユンギ
ユンギ
お前に惚れるやつなんかいたんだなㅋ


そんなことなかったです( ˙-˙ )
思った通りすぎて笑えてくるㅋㅋ
you
you
あははっ、ㅋㅋ
ユンギ
ユンギ
何笑ってんの、俺寝るからもう行く
you
you
あっ、え、はい。ㅋ


とまぁ、ヒョンラインと話して少し緊張が解けました。


テテ
テテ
あなた〜、風呂入っていいよ
you
you
っあ!ありがと〜


そっか、お風呂も入るんだった
ってことはバンタンと同じシャンプー、ボデイーソープ使えるってことか!?
私大丈夫かな、死なないかな←


you
you
キムナムジュン、キムソクジン、ミンユンギ、チョンホソク、パクジミン…ってあれ?電気ついてる?
なんとなく、掛け声呟きながら洗面所を覗くと電気がついてました。
でも、音がしないからいいやと思い服を脱ぎます。



you
you
よしっ、はーいろ


ガラガラ〜”




私はその瞬間何が起こったのかよく分からなくなり頭が真っ白になりました。













裸の私の前には


















裸で少し濡れているぐぅちゃんが居たんです。




当然裸だから、ぐぅちゃんのアソコも見えちゃって、私も裸な訳だから普通に見られちゃったんです。



you
you
や、きゃぁ、


私が思わず叫ぼうとした時、ぐぅちゃんが私の手を引っ張り後ろから抱きつかれました。




グク
グク
君、テヒョンの彼女だよね…
you
you
はっ、はい…
グク
グク
だったら、こんなことしていいのかな…?
you
you
やっ、ぁっん…!

ぐぅちゃんは、耳元で囁きながら私の腟内にくちゅと指をいれる。


you
you
ごめんなさっ、いっ、
グク
グク
今日は最初だから、許してあげる
グク
グク
じゃあね、
you
you
は、ぁ、びっくりした…


もう、何が起こってるのか本当に分からなくなってきた。
自分がどういう立ち位置なのか、メンバーからどう思われてるかも…


と、いうことで、ちょっとメンバーの気持ちを覗いてみたいと思います。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

じみちゃむ。
じみちゃむ。
じみんしぃのむのむのむさらんへ いつかわての心臓がもたなくなる日がきそう フォローは元気の素 いいねしてくれる子めちゃ好き コメントしてくれる子は愛すしかない わてのことは、ちゃむとか呼んでくれ 気軽に話しかけてね! いつでも、暇人だから← ファンマ▹▸ 🐤🔭 ファンネ▹▸ ちゃるじゃーず 大切な친구 ヨンタンになりたい=よんちゃん((天使 지리🍎=オンニ((大好き きりん.=なのちゃん もみじ🐰🍼=もみ 딸기🐰=たるちゃ 🦁きむてつお氏♥=きむむ 濃ゆく絡んでくれる子の方が好み。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る