無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

🌙:6

私の話…なんで、私はただテヒョンの彼女。としてきただけ…


ナム
ナム
テヒョナ…本当にあなたはarmyじゃないんだな?
テテ
テテ
多分。でも、さっきちょっと様子がおかしかった
ホビ
ホビ
でもさ、もしarmyだったらあんなに普通に俺らと話せる?
ジン
ジン
確かに、普通きゃぁっ!ジン君〜♡♡♡♡みたいだもんね
グク
グク
ヒョンちょっと黙ってて。
ジン
ジン
すいません、
ジミン
ジミン
もしarmyだったらあなたはどうなるの?

…え?その質問はする必要があるの?私がarmyだったら…どうなる…















ユンギ
ユンギ
ここから出ていけって言う。しかないだろ…
テテ
テテ
……俺とも別れなきゃってことか
ナム
ナム
さすがにarmyとの恋愛はダメだと思う。
ホビ
ホビ
でも、ジミナにとっては嬉しいんじゃないの?あなたが出ていくなら
ジミン
ジミン
いや、、それは…
グク
グク
ここで、テヒョン〜♡って言うバカがいるかよ。
もっとあなたのこと大切にしてくださいホビヒョン。


ぐうちゃん…意外と優しいんだ…ってこのぐうちゃんって呼び方もしたらダメなのかな
ナム
ナム
とりあえず、あなたに直接聞いてみるのが1番いいだろ。
ジン
ジン
そうだね、そこはやっぱりテヒョン。よろしくね
テテ
テテ
うん、彼氏としてちゃんと聞いてくる
ナム
ナム
じゃあ、解散


やばいやばい、早く戻らなきゃ…





部屋_

はぁ、つまり私がarmyだったらテヒョンと別れさせられて、この家を追い出されるってことか。



そんなの、、嫌に決まってる……



自分がわがまま言ってることなんて自分自身が1番分かってる。




armyは彼らのことを外から支える役割。




なのにこんな所にいる私はおかしいんだ。




でも、それでも、私はこの幸せな環境を失いたくはない。





皆と一緒に1週間という短い間だけでも、暮らしたい接したい、




だから私は





armyでは無い






ただの女の子として






嘘をつくことを決めた。























私はこの時気づいていなかった。

この一つの判断、選択が…

























誰かの生死を左右することを。


シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

じみちゃむ。
じみちゃむ。
じみんしぃのむのむのむさらんへ いつかわての心臓がもたなくなる日がきそう フォローは元気の素 いいねしてくれる子めちゃ好き コメントしてくれる子は愛すしかない わてのことは、ちゃむとか呼んでくれ 気軽に話しかけてね! いつでも、暇人だから← ファンマ▹▸ 🐤🔭 ファンネ▹▸ ちゃるじゃーず 大切な친구 ヨンタンになりたい=よんちゃん((天使 지리🍎=オンニ((大好き きりん.=なのちゃん もみじ🐰🍼=もみ 딸기🐰=たるちゃ 🦁きむてつお氏♥=きむむ 濃ゆく絡んでくれる子の方が好み。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る