無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

🌙:7
テテ
テテ
あなたちょっと入っていい〜?
you
you
いいよ!
テテ
テテ
あのさ、ちょっと聞きたいことがあるんだけど…
you
you
あっ、うん…何??


私は普通の女の子、そこら辺にいる女の子…
armyってことを隠さなきゃ


テテ
テテ
あなたってarmy?
you
you
……armyって何?
テテ
テテ
あ、そっか…そうだよね笑
you
you
ん、??
テテ
テテ
やっぱ、なんでもないや!ㅋ
you
you
そっか、笑


会話が終わった時のテテの表情はすこし安心したような感じに見えた。
とりあえず大丈夫だったけど、このまま隠し通すことは出来るのか心配…

テテ
テテ
あ、あなたさ明日どこか出かけない?
you
you
お!いいね!ゆっくりとピクニックでもしたいな〜
テテ
テテ
久しぶりだㅋㅋいいね、そうしよう!


え、まって、テテとピクニック…
私ショッピングモールとか行くよりも、のんびりとピクニックしたいから凄い嬉しい😊



テテ
テテ
じゃあ、おやすみ〜
you
you
おやすみなさいっ、




深夜1時半_


はぁ、全然眠れない。
今日あったことを色々と考えてたらいつの間にかこんな時間になってて、寝ようとするけど眠くないし…
you
you
やっぱり、私だけこんな特別でいいのかな…


そんなことを考えていると、胸が苦しくなる。
このことを話せる人はいないし…


you
you
あ〜、もう、いいや、…小説見よ


私は毎日夜見ている、プリ小説というアプリに投稿されているBTS🔞の小説を読んでいます。
もちろんじみんちゃんとので、内容は…まぁ、簡単に言ってS⚫Xですね( ˙-˙ )←


you
you
う、わ…やば///んふっ、ふは…


↑こいつを見て分かる通り、これまた小説の内容が最高なんです。頭の中は常に裸のじみんちゃんが居ます。



なんて、小説見て暗闇のベットの中でニヤニヤ1人で見ていると…

















ガチャ”











you
you
……?
you
you
(え?誰か入ってきたんだけど!?)


部屋は真っ暗で全然見えない…誰が入ってきたのかも。
ただ、スリッパのパタパタとゆっくり歩く音だけが聞こえる…それだけでなんか可愛さがある。謎に、















それだけで、可愛い…?
















ってことは…









































ジミン
ジミン
ふ、わぁ…テヒョン…〜、ん、












やっぱりです。じみんちゃん完全に寝ぼけてますね。ㅋ


you
you
てか、私テテじゃないんだけど(  ˙-˙  )




next

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

じみちゃむ。
じみちゃむ。
じみんしぃのむのむのむさらんへ いつかわての心臓がもたなくなる日がきそう フォローは元気の素 いいねしてくれる子めちゃ好き コメントしてくれる子は愛すしかない わてのことは、ちゃむとか呼んでくれ 気軽に話しかけてね! いつでも、暇人だから← ファンマ▹▸ 🐤🔭 ファンネ▹▸ ちゃるじゃーず 大切な친구 ヨンタンになりたい=よんちゃん((天使 지리🍎=オンニ((大好き きりん.=なのちゃん もみじ🐰🍼=もみ 딸기🐰=たるちゃ 🦁きむてつお氏♥=きむむ 濃ゆく絡んでくれる子の方が好み。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る