無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

七雲クウカ
七雲クウカ
(ラント……きっと気付いてくれるよね…?)
クウカはそう思いながらハンバーガーを口にした














しかし……
七雲クウカ
七雲クウカ
〰〰〰っ……
おそらく体型が変わったせいで中々ハンバーガーを食べれない
あまりの苦しさにダバダバ涙を流して宙を仰ぐ
霧隠ラント
霧隠ラント
どうした?
七雲クウカ
七雲クウカ
う、ううん…なんでもないよ……
七雲クウカ
七雲クウカ
(どうしよう……?ウチ、体質が変わっちゃったのかな…?全然食べられないよぅ~~…!)
霧隠ラント
霧隠ラント
…もう、いらないのか?
七雲クウカ
七雲クウカ
う…うん……
霧隠ラント
霧隠ラント
残しすぎだ
クウカの口を付けたの反対側部分から食べ始めた。
七雲クウカ
七雲クウカ
!!!…/////
霧隠ラント
霧隠ラント
次からは気を付けろ
七雲クウカ
七雲クウカ
ごめんなさい…
その時、自分のトレーに1枚のピクルスが落ちているのをクウカは発見した。さり気ない感じでピクルスを摘まむと、シュバッッッと己の頬に付けた。
七雲クウカ
七雲クウカ
今度から気を付ける
クウカはチラチラとピクルスを見せつけつつ謝った
霧隠ラント
霧隠ラント
嗚呼
数分後、かなり余裕そうな表情でハンバーガーを食べ終えてしまった。
霧隠ラント
霧隠ラント
ごちそうさま
七雲クウカ
七雲クウカ
えっ!あの、ピクル…ス…
言い終わる前にラント君はトレーを片付けに行ってしまった



















霧隠ラント
霧隠ラント
次は別の校舎を案内する
七雲クウカ
七雲クウカ
うん………
ラント君、気づいてくれなかった……
〜校舎内〜
霧隠ラント
霧隠ラント
………スタスタ
七雲クウカ
七雲クウカ
…………………チラッ

そうだ、たしか昔に…
雲池クマ子
雲池クマ子
ラントくーん!おはよう!
霧隠ラント
霧隠ラント
……
雲池クマ子
雲池クマ子
えっ何?
霧隠ラント
霧隠ラント
前髪
雲池クマ子
雲池クマ子
えっ?あぁぁ寝癖ついてる!どうしよう!恥ずかしい!
霧隠ラント
霧隠ラント
気になるなら、こうしておけ
ラントはカバンの中からクリップを出してクマ子の寝癖がついてる前髪に挟んで寝癖を直してくれた
雲池クマ子
雲池クマ子
あ、ありがとう……///
七雲クウカ
七雲クウカ
(これだ!)
七雲クウカ
七雲クウカ
ラント君!
霧隠ラント
霧隠ラント
ん?
七雲クウカ
七雲クウカ
私ちょっとトイレ!















女子トイレ
七雲クウカ
七雲クウカ
うーんこんなとこかな?
私は鏡を見ながら昔みたいに寝癖を作っていた
霧隠ラント
霧隠ラント
……
七雲クウカ
七雲クウカ
ラント君!お待たせ!
七雲クウカ
七雲クウカ
霧隠ラント
霧隠ラント
では行こう
七雲クウカ
七雲クウカ
七雲クウカ
七雲クウカ
ちょっと待って!もう1回だけ待ってもらっていい?
,

















七雲クウカ
七雲クウカ
うーんもっとわかりやすくしなきゃダメかな?
数分後
七雲クウカ
七雲クウカ
ラント君おまたせ!
⬆️寝癖がちょっと増えた
霧隠ラント
霧隠ラント
じゃあ行こう
七雲クウカ
七雲クウカ
!!
七雲クウカ
七雲クウカ
ちょ!ちょっと待って!もう1回!もう1回待ってて!
またしても女子トイレ
七雲クウカ
七雲クウカ
〜〜〜!きっと中途半端だからいけないんだ!
数分後
七雲クウカ
七雲クウカ
お待たせ!
⬆️今度は縦に伸ばしたようです
霧隠ラント
霧隠ラント
行こう


















七雲クウカ
七雲クウカ
お待たせ〜💦
⬆️お次は大袈裟にカールにした
霧隠ラント
霧隠ラント
行こう






















数分後
七雲クウカ
七雲クウカ
お待たせ〜…(泣)
⬆️お次はイガグリみたいに
七雲クウカ
七雲クウカ
(さすがにこれなら!)
霧隠ラント
霧隠ラント
行こう
七雲クウカ
七雲クウカ
(そんなぁ…!)