無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第56話

霧隠ラント
霧隠ラント
そういえば、前にもしつこく付き纏ってくる奴がいた……今はもう学園にいないが………
七雲クウカ
七雲クウカ
!!
七雲クウカ
七雲クウカ
(それってもしかしてうちの事…!!)
霧隠ラント
霧隠ラント
そいつは私にとって足手まといな存在だった、やることなすこと全てが気になって仕方がなかった
七雲クウカ
七雲クウカ
(…えっ……)
霧隠ラント
霧隠ラント
今はいなくなってよかったと思っている集中できるからな
その瞬間クウカの目に涙が溜まった
七雲クウカ
七雲クウカ
(あれ…そっか…そうなんだ……優しかった言葉はうちの勘違いで本当はラント君に嫌われてたんだ……)
霧隠ラント
霧隠ラント
君には関係の無い話だったな薪を集めて戻ろう
七雲クウカ
七雲クウカ
………うん



























蛇山(なまえ)
蛇山あなた
確かこの道を真っ直ぐ進めばキノコの森があるから多分そこに伝説のキノコがあるはずよ
玉田マタロウ
玉田マタロウ
伝説のキノコ楽しみだね!!
蛇山(なまえ)
蛇山あなた
そうね〜
寺刃ジンぺイ
寺刃ジンぺイ
グー
寺刃ジンぺイ
寺刃ジンぺイ
想像してたら腹減ってきたなぁ…マタロウリュックのおにぎりくれよ
玉田マタロウ
玉田マタロウ
もう?さっき朝ごはん食べたばっかりだよね??
マタロウはリュックからめっちゃデカいおにぎりをジンペイに渡した
寺刃ジンぺイ
寺刃ジンぺイ
サンキュー!!
蛇山(なまえ)
蛇山あなた
…ギロ
小間サン太夫
小間サン太夫
?あなたちゃんどうかした?
蛇山(なまえ)
蛇山あなた
……いえ別にちょっと邪魔なやつを退治しただけ
小間サン太夫
小間サン太夫
蛇山(なまえ)
蛇山あなた
それよりここら辺確か影n(´ρ`*)コホンコホンキャンプマン先輩が作った落とし穴があるから気をつけてね
寺刃ジンぺイ
寺刃ジンぺイ
あの落とし穴すごかったよな!
玉田マタロウ
玉田マタロウ
うんうん!まさか電流で猪を捕まえちゃうなんてね!!
「「「「「「「ひでぶーーーー!!」」」」」」」
玉田マタロウ
玉田マタロウ
ん?
玉田マタロウ
玉田マタロウ
コマ君今なんか言った?
小間サン太夫
小間サン太夫
ううん
玉田マタロウ
玉田マタロウ
あなたちゃん何か言った?
蛇山(なまえ)
蛇山あなた
いや何も?
玉田マタロウ
玉田マタロウ
えっ…じゃあさっきの声みたいなのって
蛇山(なまえ)
蛇山あなた
た、多分そこら辺の虫かなんかよ;
玉田マタロウ
玉田マタロウ
そうかな?
玉田マタロウ
玉田マタロウ
まぁいいや!
蛇山(なまえ)
蛇山あなた
(……ざまァ)
















少し時間は遡り
モヒカン五郎
ウッヒョー!俺様は自由だーー!!
その頃モヒカン五郎は森を警察達に見つからないように駆け抜けていた
モヒカン五郎
グゥ〜
モヒカン五郎
そういえば脱走してから何も食ってなかったな……ん?
モヒカン五郎
美味そうな匂いがするぜ…!!
匂いの先に向かうとそこにはマタロウがジンペイにおにぎりを渡している姿があった
モヒカン五郎
ウッホ!いいもん持ってんじゃねぇか!!襲っちまおうヒャッハー!!!
そしてモヒカン五郎は大きな石を持ち上げマタロウ達に投げようとしたその時
蛇山(なまえ)
蛇山あなた
…ギロ
モヒカン五郎
ッ?!
あなたの睨みでバランスを崩しそのまま後ろに下がってしまった
ズボッ!
モヒカン五郎
うわぁ!!
そして見事にモヒカン五郎はシノブが作ったあの落とし穴に落ちて電流が流れた
ビリビリビリビリビリビリ!!
モヒカン五郎
ひでぶーーーー!!
そしてモヒカン五郎は死んでしまった……
しかし
モヒコング
チクショウーー!!
なんという事でしょうモヒカン五郎は怨霊となってしまったのです
モヒコング
あの小娘が睨んだせいだ…!あの小娘のせいで俺は死んじまった!!
モヒコング
このままじゃ終われねぇ…!!