無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

砂漠エリア
シャイニングボーイ
シャイニングボーイ
ゼェ…ゼェ…ハァ……ハァ
クロックレディー
クロックレディー
遅かったわね^^;
シャイニングボーイ
シャイニングボーイ
おかしい…始めたばっかりだからかなぁ……
フォックスター
フォックスター
(いや力がたったの1,2倍しかないだけだから)
フォックスター
フォックスター
少し休んだらどう?疲れたでしょ?
シャイニングボーイ
シャイニングボーイ
い、いえ……じゃあ獅子王さん、シャイニングボーイがどれだけ強靭な肉体を持ってるかパンチしてくれませんか?
獅子王
獅子王
い、いいのか……?
シャイニングボーイ
シャイニングボーイ
もちろん!
獅子王
獅子王
じゃあ軽いやつからいくぞ…
シャイニングボーイ
シャイニングボーイ
おねがi
獅子王
獅子王
【殴る】
シャイニングボーイ
シャイニングボーイ
ドォン
マタロウが言い終わる前に獅子王の拳がマタロウの顔にめり込み岩にぶつかった
フォックスター
フォックスター
うわぁ…
フォックスター
フォックスター
えっと…大丈夫?
シャイニングボーイ
シャイニングボーイ
うぅ……全く痛くない…
クロックレディー
クロックレディー
すごく痛そうだけど…
リトルコマンダー
リトルコマンダー
本気出しすぎです
獅子王
獅子王
えぇ?!かなり手加減したぞ…
シャイニングボーイ
シャイニングボーイ
じゃあ次はフォックスター僕に爆弾を投げて下さい
フォックスター
フォックスター
えっけどさっき獅子王の喰らってボロボロになったじゃない
シャイニングボーイ
シャイニングボーイ
あれは慣れてなかっただけです!
フォックスター
フォックスター
じゃあ……1番弱いので行くけど
シャイニングボーイ
シャイニングボーイ
お願いします!
フォックスター
フォックスター
☆≡
ドカーーン!
シャイニングボーイ
シャイニングボーイ
ゲフ
ワイルドボーイ
ワイルドボーイ
フォックやり過ぎじゃないかい?
フォックスター
フォックスター
えっ…あれ結構威力弱めにやったけど
シャイニングボーイ
シャイニングボーイ
次はシャイニングボーイの必殺技を披露します!
小間サン太夫
小間サン太夫
もしかしてこの前ノートに書いてたやつ?
シャイニングボーイ
シャイニングボーイ
いくぞ!シャイニングローリングスクリュー!!
寺刃ジンぺイ
寺刃ジンぺイ
おっ!すげぇスピードだ!!
蛇山(なまえ)
蛇山あなた
(あ〜あ〜あんなに回ったら……)
シャイニングボーイ
シャイニングボーイ
リュ〜…………オロrrrrrrr
雷堂メラ
雷堂メラ
本当に強くなってんのか??
シャイニングボーイ
シャイニングボーイ
なってるなってる……まだ慣れてないだk………うっ…オロrrrrrr
蛇山(なまえ)
蛇山あなた
あららこりゃ重症だね〜
シャイニングボーイ
シャイニングボーイ
すごいぞオロrrrrヒーローオロrrr
姫川フブキ
姫川フブキ
全然すごくないんですけど……






























屋上
ガチヤッ!
玉田マタロウ
玉田マタロウ
タッタッタッ……
七雲クウカ
七雲クウカ
マタロウ君、実はそのウォッチ……
玉田マタロウ
玉田マタロウ
最高でした!
七雲クウカ
七雲クウカ
えっ……?
玉田マタロウ
玉田マタロウ
このウォッチのおかげでずっと憧れてたヒーローになれました!本当にありがとうございます!!!!
七雲クウカ
七雲クウカ
う…うん;
玉田マタロウ
玉田マタロウ
あっ博野さんも変身しますよね?どうぞ!
博野ハルキ
博野ハルキ
あっうん
博野はシャイニングウォッチを受け取りそれをマジマジと見た
博野ハルキ
博野ハルキ
これ、持って帰ってもいいかな?
七雲クウカ
七雲クウカ
寮の部屋で調べるつもりねニヤ
博野ハルキ
博野ハルキ
!そ、それは……その……
玉田マタロウ
玉田マタロウ
たしかに研究者っぽい感想が多いですよね博野さん
博野ハルキ
博野ハルキ
そそそそ、それは……そんな事は……
くそ!ジェ〇君可愛い
玉田マタロウ
玉田マタロウ
全部図星なリアクションじゃないですかぁ〜
博野ハルキ
博野ハルキ
勝手に決めつけないでくれ!僕はY研が無くなった時点で研究者を辞めることにしたんだ!
七雲クウカ
七雲クウカ
Y研の名前がなくなっても、博野君なりのY研を作ればいいじゃない……
博野ハルキ
博野ハルキ
それは……
その時、ハルキの髪の中に忍び込ませた虫を通してその様子を来星ナユは見ていた

























美術室
来星ナユ
来星ナユ
Y研復活をそそのかすような発言やはりこの女も危険分子ね捕まえて拷問しちゃおうかしら♪
臼三沢ハルヒコ
臼三沢ハルヒコ
いいえ、その必要はありません
七雲クウカ
七雲クウカ
「ひ…博野君?!」
来星ナユ
来星ナユ
ん?
























屋上
博野ハルキ
博野ハルキ
君に何が分かる……
やばジェ〇君ここめっちゃ好きやった((黙れ主((はい
そう言いながらハルキから黒い禍々しいオーラが溢れ出してくる
博野ハルキ
博野ハルキ
僕が一人が頑張ったところで何の意味もない………Y研は、クマ子さん無しでは成立しないんだ………
玉田マタロウ
玉田マタロウ
博野さん……?!
ハルキの髪の中に潜んでいた虫が動き回り始めていた
博野ハルキ
博野ハルキ
僕の才能は彼女の足元にも及ぼないんだ……
その虫はその黒いオーラを吸い大きくなっていく
七雲クウカ
七雲クウカ
それは違う!クマ子さんって言う人だってあなたを信じて頼りにしていたはずだわ!!
博野ハルキ
博野ハルキ
君に何が分かる……お前に……貴様に………何が……!!!!
玉田マタロウ
玉田マタロウ
博野さん!!
ハルキの髪の中に潜んでいた虫がオーラを吸い大きくなりそして……ハルキを飲み込んでしまった
科学シャーマン
科学シャーマン
ガクシャー!