無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第42話

その頃来星ナユは
来星ナユ
来星ナユ
あれは…………怨霊化した魚「魚キングデッド」じゃない
来星ナユ
来星ナユ
ふーん大変じゃない♪
来星ナユはタブレットであなた達の様子を見ていた





















玉田マタロウ
玉田マタロウ
な、な、な、何あれー?!
蛇山(なまえ)
蛇山あなた
どうやらここにいた怨霊のようね
魚キング
愚かな人間共め…絶対許さん!!
寺刃ジンぺイ
寺刃ジンぺイ
何だお前は!人間に恨みでもあるのか!!
魚キング
そのとおり!!俺は怨霊になる前この湖で人間に釣られたんだ…だがその釣り師は………
実はその釣り師は釣った魚がブラックバスだと知ると湖ではなくそこら辺にその魚を捨ててしまったらしい
魚キング
俺を食べようとせず…!そのくせ水の中にリリースしようともせず!!陸に放置した釣りのはマナーってものがあるのに……!!!!
魚キング
マナー違反の釣り師によって尊い魚の命が無駄に失われているのだ!人間達めぇ………
玉田マタロウ
玉田マタロウ
だからといって僕達にあたらなくても……
蛇山(なまえ)
蛇山あなた
本当八つ当たりって怖い
小間サン太夫
小間サン太夫
戦うしかないのかなぁ…
寺刃ジンぺイ
寺刃ジンぺイ
よしコマ君!あなた!変身だ!!
小間サン太夫
小間サン太夫
うん!
蛇山(なまえ)
蛇山あなた
えぇ!
あなた達はウォッチを取り入ったが
寺刃ジンぺイ
寺刃ジンぺイ
あれ?
小間サン太夫
小間サン太夫
ウォッチがない!
蛇山(なまえ)
蛇山あなた
ッ……最悪、油断してた































影野シノブ
影野シノブ
何だよあれ……?!
玉田マタロウ
玉田マタロウ
たぶん湖に棲み着いた怨霊だと思うけど…まあ陸にいる分には安全……
魚キング
ギョギョー!!
マタロウがそう言った瞬間魚キングデッドが陸に堂々と立っていた
全員「「「「「あ、足生えてるーーーー!」」」」
蛇山(なまえ)
蛇山あなた
なんで足生えてんの!魚は魚らしく池や湖で泳いでてよ!!
魚キング
ギョー!!
 その瞬間魚キングデッドはシノブに攻撃をした
影野シノブ
影野シノブ
うわぁ!
蛇山(なまえ)
蛇山あなた
影野先輩!!
寺刃ジンぺイ
寺刃ジンぺイ
ウォッチが無くったってコマ君!!
小間サン太夫
小間サン太夫
OK!ジンペイ君!!
二人はお互い背中をあわせるが
魚キング
ギョギョー!!
寺刃ジンぺイ
寺刃ジンぺイ
うわ!!
小間サン太夫
小間サン太夫
うわ!!
蛇山(なまえ)
蛇山あなた
ジンペイ君!!コマ君!!
七雲クウカ
七雲クウカ
ッ……!!
蛇山(なまえ)
蛇山あなた
クウカ先輩?!何処に行くんですか!!
蛇山(なまえ)
蛇山あなた
クウカ先輩?!
そしてクウカは何処かに行ってしまった
蛇山(なまえ)
蛇山あなた
ッ……影野先輩こういう時はどうしたらいいんですか!!
影野シノブ
影野シノブ
えっ?僕…?
影野シノブ
影野シノブ
…………
影野シノブ
影野シノブ
大丈夫だ私が何とかしよう
そう言いシノブは魚キングデッドの所に行った
影野シノブ
影野シノブ
やぁ、交渉しようじゃないか
魚キング
ギョギョ~!!
影野シノブ
影野シノブ
すぐ蹴る〜!!
蛇山(なまえ)
蛇山あなた
えぇ〜瞬殺























その頃
七雲クウカ
七雲クウカ
はぁ…はぁ…
クウカは必死に走りラントの所に行った
七雲クウカ
七雲クウカ
ラント君!皆が大変なの!
霧隠ラント
霧隠ラント
どうした?
七雲クウカ
七雲クウカ
なんか魚の怨霊が…!
霧隠ラント
霧隠ラント
世話の焼ける奴らだ…
霧隠ラント
霧隠ラント
ん?
その瞬間ラントは空を見あげる
霧隠ラント
霧隠ラント
あれは!
なんと空にあったのはラントが探していたであろうUFOだった
霧隠ラント
霧隠ラント
遂に見つけたぞ!
そう言いラントはUFOを追いかける
七雲クウカ
七雲クウカ
ラント君!?




























来星ナユ
来星ナユ
ふふっ…あなたはしばらくオモチャと遊んでてちょうだい♪
なんとラントが見たUFOは来星ナユが操作していたおもちゃだった