無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
3
2021/07/22

第1話

終わりの始まり
杉村雅幸
杉村雅幸
真、一緒に帰ろ〜
幸雅真
幸雅真
おう、帰ろっか。
でも先に、本返してきていいか?
杉村雅幸
杉村雅幸
いいよ。じゃあ教室で待ってるから。
真は頷くと、そのまま図書館へと向かった。
杉村雅幸
杉村雅幸
幸雅真
幸雅真
雅幸、お待たせ!
杉村雅幸
杉村雅幸
……
幸雅真
幸雅真
雅幸?
杉村雅幸
杉村雅幸
…ん?どうした?
幸雅真
幸雅真
いや、さっきから呼んでも気づかないから。
珍しいな、お前がそんな難しい顔して考えごとって。
杉村雅幸
杉村雅幸
え、そう?
杉村雅幸
杉村雅幸
真はよく見てるね〜
幸雅真
幸雅真
あったり前だろ!
だって俺たち相棒じゃん?
杉村雅幸
杉村雅幸
ふはは、そうだったわ笑
幸雅真
幸雅真
じゃあ帰るか!
杉村雅幸
杉村雅幸
…うん。
杉村雅幸
杉村雅幸
(嘘つき。)
杉村雅幸
杉村雅幸
(僕のこと、わかってないクセに。)