無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
778
2018/08/16

第5話

ま た ね の 意 味 前編-キリヤマ

私 が バ イ バ イ っ て い っ て も

君 は ま た ね っ て 言 っ た 。

あ の 日 も 。






───────────────
─────────
藤井流星
明 日 か ら 夏 休 み や で 〜 !

な に し よ 〜 !
桐山照史
流 星 は 先 に 宿 題 を や れ 、笑

毎 年 、俺 ん と こ く る や ん
今 日 は 終 業 式 で 明 日 か ら

夏 休 み 。

学 校 で 校 長 先 生 の

長 い 話 が 終 わ っ て 教 室 に

帰 っ て き た 。
先生
え ー 、そ れ で は 交 通 安 全 に

気 を つ け て 始 業 式 に 元 気 な

姿 を 見 せ て く だ さ い 。

さ よ う な ら
桐山照史
流 星 、あなた 、帰 ろ
あなた

う ん ッ!

私 た ち は マ ン シ ョ ン の 

お 隣 さ ん 同 士 。
藤井流星
そ れ に し て も ホ ン マ に

今 年 は 暑 い な ぁ …

学 ラ ン と か 脱 ぎ 捨 て た い 。
桐山照史
俺 、明 日 か ら 家 族 旅 行 で

涼 し い と こ に 行 く ん よ 〜

え え や ろ 〜
藤井流星
俺 も 連 れ て っ て や ぁ 〜
桐山照史
あなた や っ た ら 連 れ て っ た る 笑
あなた

や っ た ぁ !

い つ か 連 れ て っ て な 、!

そ う い う 言 っ た あ と に

照 史 く ん の 顔 が 少 し 赤 い 気 が し た
そ ん な 会 話 を 間 に 挟 ま れ て

聞 い て い る う ち に 家 に 着 く 。
あなた

じ ゃ 、 バ イ バ イ

桐山照史
ま た な
藤井流星
バ イ バ イ 、!
そ う 言 っ て そ れ ぞ れ 家 に 入 っ た
──────────────
────────

私 は 宿 題 を 早 め に 終 わ ら せ る方

だ か ら 、毎 年 の ご と く

テ レ ビ の 前 で 課 題 を 開 い た 。
アナウンサー
続 い て の ニ ュ ー ス で す 。
お 母 さ ん は 朝 は ニ ュ ー ス が

見 た い ら し い 。

そ れ に 影 響 さ れ て 私 も 朝 は

ニ ュ ー ス を 見 て い る 。
アナウンサー
今 日 未 明 、○○ 県 ○○ 市 で 

中 学 生 が 1 人 死 亡 の 事 故 が

発 生 し ま し た 。
夏 休 み そ う そ う に こ ん な 

ニ ュ ー ス 。可 哀 想 と 思 っ た 。

亡 く な っ た 中 学 生 の 名 前 を

聞 く ま で は 。
アナウンサー
亡 く な っ た 中 学 生 は

桐 山 照 史 く ん …
私 の 中 で 時 が 止 ま っ た 。