無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

異世界転送!?
前のチャプターへ戻る

第44話

坂田VS岩田
明side
坂田さかた あきら
あんたの相手は僕やで!
岩田いわた 真海まひろ
ふ〜ん
坂田さかた あきら
な、なんやねん
岩田いわた 真海まひろ
いや、弱そうなのがあたしの相手なんだなぁと思ったらさ〜
坂田さかた あきら
五月蝿いわ!
そう言うと、僕は炎の塊を放った。
岩田いわた 真海まひろ
はぁ、何このヘナチョコボール
そう言うと、岩田は風で跳ね返そうとしたが、それが僕の狙いだったためニヤついてしまった。
岩田いわた 真海まひろ
何笑ってるn…
僕が放った炎魔法には追尾や回避が付いているので、風を避け右から岩田に命中した。
岩田いわた 真海まひろ
クッ…
坂田さかた あきら
どうや!僕はそんなに弱ないやろ!
岩田いわた 真海まひろ
そうみたいだね…なら、こっちもマジでいかせてもらう!
そう言うと、岩田の魔力が急激に上がった。僕は何が起きたのかわからず、岩田が放った風の刃ウインドブレイドをもろに食らった。
坂田さかた あきら
グハッ!
意識を失う少し前に思ったことが、
坂田さかた あきら
(僕…めっちゃ弱いやん…)
だった。
「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡